人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想

他の“アニメ関係の記事”はコチラ!

アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見したので
長々と感想を書いていこうと思います!
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_18295870.jpg

知人からは『総集編』が要点を押さえつつまとまっているのでオススメと
聞いていて、自分的にも時短にもなるし良いなぁとは思っていたんですが
せっかくなので(?)テレビ版の1話~12話の方で観ましたm(__)m

・5.5話
・10.5話
・OVA
・劇場版
・最終章
等は未視聴で、本当に1話~12話までのみの視聴となっているんですが
8月に在住県(青森)でも最終章2話の上映があるという話を聞いたので
それまでに最終章1話までを全部観ておこうと考えています!!
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_23224121.png

【大体こんな話でした】
数年前に放送済の人気アニメなので、今この記事を見ている人で
「これから観る予定なのでネタバレを知りたくない」という人は
ほぼいないと思いますが、一応ネタバレ注意です(笑)

なお、時系列順に直して書きます。
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_18302053.jpg

戦車で模擬戦を行う競技『戦車道』が女性の嗜みとして知られる世界観の中、
有名な『西住流』の家元の娘である主人公西住みほは名門校『黒森峰女学院』で
副隊長を務めていましたが、川に落ちた仲間を救うために戦線を離脱した結果
黒森峰は敗退し10連覇を逃しました。

そういった経験から戦車道に良い印象がない彼女は家を出て
戦車道専攻が既に無くなっている『大洗女子学園』に転校、しかし
生徒会が戦車道を復活させる方針を決め、大洗で親しくなっていた
武部沙織五十鈴華と共に戦車道を専攻する事になってしまいました。

その後、戦車マニアで友達が居なかった秋山優花里
単位のために戦車道を専攻する事となった冷泉麻子といった同チームのメンバーや
他のチームのメンバーと戦車道を過ごすうちに黒森峰の時とは違う楽しさを見出したり
『戦車道全国高校生大会』で優勝できなければ大洗女子学園が無くなる事を知ったりし
最終的に優勝して『西住流』ではなく『自分らしい方法』も正しい事を証明したのでした(完)
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_23224121.png

【感想】
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_18302697.jpg

全体を通して『とくに説明はしない』という作風が印象的でした、
そもそもぶっ飛んだ発想の『戦車道』に関しても「これこれこういう物で~」という
説明は無く、登場人物達が常識のように会話している内容から視聴者は戦車道が何か
察したと思います。

わざわざ説明をしない割に視聴者の素朴な疑問には実は答えている事が多く
例えば「ケガしないの?」という疑問には
・実弾は使っていない
・競技に使う戦車内部は頑丈にまもられている
・戦闘不能時に「ケガはない!?」という台詞が頻繁に入る事から
 実在するスポーツ程度にはケガをする場合もある
・身を乗り出していると流石に危ないけど滅多に当たらない
という事が、いずれも作中のキャラの会話から分かります。

他にも「市街地で戦って建物とか壊れるの相当迷惑がられるのでは!?」という疑問には
作中で店の入り口を壊された店主が「これで建て直せる(嬉)」と発言し、隣の観客も
「うちにもぶつかってほしい」という旨の発言をしていた事で、この世界観の中では
戦車道で破壊された物は国のお金か何かで賠償されるという事が
『説明せず説明されている』んですよね。



また、主軸の物語以外にも各キャラクターエピソードがしっかり描かれていましたが
実は『〇話は誰の回』みたいな事は無く、主軸の話の流れの中に散りばめられていて
やはりこれも観やすさに繋がっているんですよね。

それこそ『説明はせず、そういえば何か起こって何か解決したね』という感じです。



説明せず察させる作風に加え『主人公が既に高レベル』な事により
停滞感がない、非常にストレスフリーで観れる作品を実現していましたね!

スポコンアニメって『素人が成長していく過程を描く』のがセオリーで
主人公が最初から強いなんてタブー中のタブーだと思っていましたが、
強豪校からその競技を避ける目的で転校してきた主人公が結局その競技を
やらされる事になり、今度はその中で楽しさを見出していくということを
軸にすればこんなに斬新な作品になるのかと気付かされてしまいました(笑)



戦車での戦いも『撃ち合うだけ』ではない戦略を駆使した非常に面白いものでした!
ミリタリー色が強すぎて素人には何をやってるんだか分からなくなるような事もなく、
かといって単調で全く面白みが無いバトルにはなっておらず、見ごたえがありましたね。

しかも『ただただ高度な知略バトル』なのではなく
~戦車知識がある人が堅い名門から逃げてきた先で柔軟さを発揮した戦術~
という西住殿の非常に難しい生い立ちが反映された戦術が表現されていたと思います。

最終決戦が『転校前の高校』に居る『自分の姉(最強)』との
『1対1』の戦いというシチュエーションもバトルもの的に100点でしたね!
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_18303264.jpg

みほちゃんは辛い過去や名家の重圧がある中
自分らしさを貫きつつ優勝という結果を残した強さがあって、
かと思えばフワフワした感じの可愛さがある女の子ですよね。

沙織ちゃんはフレンドリーなムードメーカーで皆に愛されるキャラでありつつ
それに甘んじる事無く、実は最も家庭的で料理が出来たりとか
しれっと資格を取得してたりするお友達に居てほしいタイプですよね。

華ちゃんはおしとやかで皆の面倒を見てくれるタイプに見えて
実は抜けてる所は抜けていて面倒を見てあげたくなるような
可愛げがあるお姉さんですよね。

優花里ちゃんは軽快なノリで話す感じが可愛くて
隠し事とかしなそうですし、ヲタク趣味に引くような事も
絶対に無さそうな一緒に居て楽しそうなタイプですよね。

麻子ちゃんは元気こそ無いものの着飾らずに低い声で喋る感じが独特で
意外と義理堅かったり、また意外と幽霊嫌いという弱点があったり
小柄で低血圧な体を支えてあげたくなるような愛らしさがありますよね。



…誰推しかって話ですよね



ガルパン未視聴の時に『ガシャポートレイツ』や『付箋』を記事にしていて
西住殿と麻子ちゃんが可愛いな~と思っていて本編を見たら本当に可愛かったんですが、
優花里ちゃんも存在は知ってはいたけどこんなに可愛かったんだなぁとも思ったんですよね(笑)

ただ華ちゃんみたいなお姉さんタイプが推しになる事が個人的にあまり無い中
正直めちゃくちゃ可愛いじゃんと思ったんですよね華ちゃん…!!

かと思えば秋山殿が愛おしくなってくるというかなんか動物みたいな
愛嬌があって、嬉しい事があると髪をクシャクシャやって喜ぶのを見て
私もあの髪をクシャクシャやってみたくなったんですよね(不審者)

麻子ちゃんが最も『観る前に思ってたキャラと実際のキャラが違った』子で
絶対に大人しくて可愛い声で「お姉ちゃん♡」みたいなタイプだと思っていたら
大人しいというより元気が無いだけで、可愛い声というよりザ・地声な喋り方で
「よぉ、そど子ぉ。」みたいな話し方をする人でした。 正直めっちゃ良かった。

しかし西住殿も(略)

…といった感じでキャラの良い所を書いていたら一生ループするので
そろそろ脳内会議を終わらせて決めさせていただこうと思います、
決めるというか自分の気持ちを整理してハッキリさせるというやつですね。

どうやら私『まこさお』の幼馴染コンビが好きな事に気が付きました!

気心が知れているようで
難しい性格の麻子ちゃんを沙織ちゃんが上手く誘導する感じや、
そんな麻子ちゃんも沙織ちゃんの事を警戒せず「わかった」と
痛い所を突かれたような顔をしつつもちゃんと納得する感じが
良い友達関係だなぁと。

ついでに言うと麻子ちゃんはそど子との絡みも面白くて好きですが(笑)



なお、主要キャラ以外ではケイちゃんかダージリン様で揺れてます、
っていうかこのアニメを見てケイちゃん嫌いな人って居ないですよね。

ケイちゃんには日本人に圧倒的に足りてない大雑把な包容力があって
結婚して幸せになりたいなら絶対にああいうタイプが良いなと
強く強く思いました(?)

余談ですが、ケイちゃんと同じサンダース大学付属高校の中では
アリサ(通信傍受機というちょっと卑怯な手を使った子)も好きというか、
アニメを見る時に『いい人』『正しい人』ばかりが登場してくると
社会に生きる自分がなんかダメなものに見えてくるという謎の病気でして
アリサのような人物がいると本当に安心するんですよね。

そういったキャラクターを下に見るという意味ではなくて、
そういったキャラクターも他のキャラクターと同じ世界観の中に
存在した上で反省して仲直りする事によって様々な人間が認められるんだと
再確認できる的な気持ちです(ハッピーシュガーライフのすーちゃんとかが至高)



一方でダージリン様は、一見お高くとまっているように見えて
実際はよく分からない感じの事を言ってるのがなんか可愛いんですよね(笑)

しかも、そのよく分からない格言を言う相手が大体隣に座っている
ちっちゃいペコちゃんというのもなんか絵面が可愛いというか
「このお姉さん小さい子に対して何言ってるんだろう」という
謎の魅力がありますよね。

…と、ちょっとダージリン様の魅力を「抜けてる部分」みたいには書いたものの
実際に実力者で、相手が誰でも一切手を抜かないという旨の台詞があった通り
少なくとも1~12話ではグロリアーナだけが大洗に試合で勝利してるんですよね。
(「1~12話では」と書いたのは、他をまだ一切見ていないため)
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_18303738.jpg

私、今の今まで『大洗と黒森峰以外の作中で戦った高校は海外の高校』と
勘違いしていたんですが、あれ全部日本の高校だったんですね…!!!

そして超テンションが上がってるんですがプラウダ高校って青森の高校なんですね!!

カチューシャ&ノンナの出身は北海道なようですが
地元にもガルパン界の強豪校があったと知って超嬉しいです(笑)

そうなんですよ、
青森の高校でスポーツをやっている人は雪の中でトレーニングするため
サッカーなんかはレベルが違う鍛え方が出来るとされていまして
やはりプラウダ高校も雪上での戦いでめっちゃ強かったですもんね!

まさかスポーツ嫌いの私がこんな形で青森のスポーツを語る日が
来るとは思っていませんでした、ありがとうプラウダ高校(完)
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_23224121.png

【需要の無さそうな余談コーナー】
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_18304588.jpg

私って誕生日が12月15日なんですよ(急)

で、誕生日といえば『こんなタレントやアニメキャラと同じ』という話題で
盛り上がる事もしばしばあると思うんですが…12月15日ってまぁ微妙なんですよ(・・;)

有名なタレントの方だと『高橋克典』さんとか居るんですが
アニメキャラとなると自身が知っているキャラはほぼ皆無で、
強いて作品タイトルを知っている所から選ぶと
 
 ・赤城トワ(GO!プリンセスプリキュア)
 ・エリサ・D・鳴瀬(ときめきメモリアル4)
 ・アーベル(進撃の巨人)
 ・大星淡(咲-Saki-)
 ・杉山さとし(ちびまる子ちゃん)
 ・堂馬広登(蒼穹のファフナー)
 ・ネロ・クラディウス(Fate)

など、あまり主役級というかメジャー級のキャラって居ないのです。
…と言いたくてキャラを羅列してるうちに思ったんですが
そこそこ良いキャラクター居るっぽい気もしてきました(企画倒れ)

まぁ居ない事にしまして(ぇ)
ガルパン1話で西住殿が五十鈴華ちゃんの誕生日を『12月16日』と
言っていまして、遂に誕生日の話題で言える事が増えたぞと…!

「ガルパンの五十鈴華ちゃんの1日前だよ」

これです!
ガルパンほど知名度が高いアニメの主要キャラの中に
誕生日が1日違いの人を発見できたのは大きいですよ!

ちなみに、華ちゃんと同じ12月16日生まれのキャラについても
一応調べてみたところ、アイマス系のキャラが3人も居ました。

もう1つ誕生日絡みで言いたいんですが
私がガルパンを全話一気に視聴した7月1日がたまたま西住殿のお姉ちゃんにして
ラスボスである西住まほちゃんの誕生日だったようです、おめでとうお姉ちゃん!
アニメ『ガールズ&パンツァー』を一気見した感想_f0205396_21322377.jpg


Commented by bobusann at 2019-07-03 19:12
色んな人にオススメされた理由がよく分かりました(笑)

自分にも高校生だった頃があったなぁと懐かしくなりました…と思ったんですが、考えてみるとガルパンの放送年(2012年)って私も高校を卒業して社会人1年目とかの頃だったので、現実通りに時系列が進んでいれば西住殿たちとそこまで大きく年齢は離れてなかったんですね…!

何はともあれ8月に青森でも最終章2話が上映されるという頃までに、最終章1話まで追いついておきたいです!!
Commented by アイドルマスターガンダム at 2019-07-03 21:25 x
こんばんはです
自分がガルパンで最初に気に入ったキャラは麻子でしたね~
あの朝練の件がなんかツボでそこはBD買う前も録画したやつ結構観たなあ
今だと一番は誰になるんだろ?
澤ちゃんか愛里寿かなあ(おい!)
ただ!
バレ的な事は書きませんが、この後OVA→劇場版→最終章1話→同2話と観たとして
多分ですが、とある学校の株が爆上げされると思います
自分は正にそれでして絶対、100%、まさか!?も無いとわかってる状況で、それでも○○○に○○○○あげたいなあとマジで思いました~
ついでに言うとそのキャラのフィギュア買っちゃったもの(おいおい)
取り敢えずそんな感じ
Commented by bobusann at 2019-07-04 19:30
アイドルマスターガンダムさん、コメントありがとうございます!
ネタバレにも気を使っていただき嬉しいです(笑)

物凄く続きが気になりますし、いただいたコメントを見て更に続きが気になる度が上がりました!!
by bobusann | 2019-07-03 18:54 | 映画/アニメ 感想 | Comments(3)

玩具とかヒーローとか怪獣が好きな人のブログ。(※当ブログの記事には関連商品のAmazonリンクが貼られている場合があります)


by ボブギラス