アニメ『グリッドマン(SSSS.GRIDMAN)』の4話~6話を一気見した感想

他の“アニメを一気見した感想”記事はコチラ!
グリッドマン(SSSS.GRIDMAN)の1話~3話を一気見した感想
グリッドマン(SSSS.GRIDMAN)の7話~9話を一気見した感想

『一気見』の定義から外れるかもしれませんがアニメ『SSSS.GRIDMAN』を
毎週ちゃんと観つつ、4話~6話を一気に見返して感想を書いていこうと思います!
f0205396_18422076.jpg

f0205396_23224121.png


【大体こんな話でした】
この先はネタバレ注意です。
f0205396_18422928.jpg

はっすなみこから『人気の動画配信グループ“アーカディア”とのオフ会』に
誘われたものの乗り気ではなかった六花ですが、アカネも同行したいと言った
のをキッカケに参加を決意しました。

その事を知った裕太内海ボラーのそそのかし&グリッドマンの勘違いにより
尾行を敢行するも、何も起こらず解散となりました。
(一連のストーカー行為やマックスとの会話から裕太六花への恋心が明らかに)

しかし後日、オフ会の時は4人居たアーカディアのメンバーが
1人に減っているにも関わらず他の3人の存在が最初から無かった事になっている状況から
怪獣の出現を察した六花は次に狙われるであろうアーカディアの最後のメンバーやまとを
救うべく接触、おかげでグリッドマンも感知できなかった怪獣ゴングリーの出現を裕太
も知る事となり戦闘を開始、アンチの乱入やPCのフリーズ等を経てゴングリーを撃破しました。

校外学習のラフティングではスケール違いの超巨大怪獣ゴーヤベックが出現、
普段と違い街の外なので新世紀中学生達が六花ママからジャンク(グリッドマン)を
買い取りつつ電車で街の外まで運びアクセスフラッシュしなかればならないという
緊急事態に陥ったものの、無事ジャンクを運び届けボラーと合体しゴーヤベック
撃破しました。

裕太ゴーヤベック出現前のアカネの「キミが変身してるんでしょ」という発言が
妙にひっかかる中「怪獣」を名乗る少女に遭遇、少女の提案でデート(?)をする事に。

そこで少女から告げられたのは
『この世界は新条アカネが創った世界であり、彼女は怪獣を使って
 気に入らない部分を壊しては都合が良いように創り直している』
『歪んだ神(に相当する人物)である新条アカネ
 外から来た危険な人(アレクシス)が利用している』
という真実でした。

その頃六花アンチと再会、彼がお風呂にも入っていない(というか知らない)のを知り
自宅で髪を洗ってあげる最中の会話から『複雑な事情がある』事を悟ったのもつかの間
アンチは姿を消してしまいました。

更にその頃内海は本屋でアカネに遭遇しまさかの怪獣趣味で意気投合、
アカネは「裕太が何か隠しているのを知っているなら教えて」と迫るも
内海は何も洩らしませんでした。
(洩らさなかった理由はあくまでアカネを巻き込みたくないため)

そして遂にアンチに発見された裕太は襲撃を受けるもマックスキャリバー
応戦してくれた事で一命をとりとめ、その声からアンチの正体を察するのでした。



<敵サイドの話>
アンチ出現時に常人ならざる男が現れ裕太を担いでいった事等から
グリッドマン裕太である事をほぼ確信したアカネ六花に接触し
秘密を聞き出そうとするも上手くいかず、その過程で参加したアーカディアとの
オフ会で彼らのヲタク知識の低さと態度に腹を立て怪獣ゴングリーでメンバーを
3人殺害するも、最後の1人を殺す直前にグリッドマンが現れ交戦となりました。

ゴングリーは優勢だったものの、あろう事かアンチが「俺の獲物だ」と乱入し
大勢を立て直したグリッドマンゴングリーは撃破されアンチも活動限界となりました。

後日、校外学習で街の外に出た際にスケール違いの巨大怪獣ゴーヤベックを出現させるも
また新たなアシストウェポン(ボラー)と合体したグリッドマンの火力にこれも敗れます。

そして遂に『裕太そのものの抹殺』を躊躇する事無くアンチに依頼したアカネ
自身も裕太の事を探るべく内海に接触、しかし成果は得られずアンチ裕太抹殺
に失敗したのでした。
f0205396_23224121.png


【感想】
f0205396_18423452.jpg

4話~5話の流れから『通常回の中で秘密のヒントを小出しにしていく作風』だと
思わせておいて、6話で一気に敵も味方も素性が知れるという驚きの展開でしたね(笑)

1クールの半分でここまでオープンになったという事は最終回までに
もう2転か3転ありそうだとは思いますが、少なくともアニメの世界観は
アカネが創造した世界』つまり『仮想世界』で確定と見て良さそうですね。

それどころか『ベノラが居るから特撮版と繋がりがあるのでは?』程度だった考察部分も
アノシラスちゃんの登場により『登場人物の口から特撮版の続きと確定させる台詞が出た』
ようなもので、なんとも深みがエグイ事になってきました。



世界観の謎が一気に解明された一方で裕太の記憶は一向に戻る気配がなく
今のところ進展と言えば、街の外に出る際に睡魔に襲われながら浮かんだ
アレクシス(っぽい奴)がグリッドマン(特撮版?)を貫くビジョン』くらいでしょうか?
(アノシラスちゃんを見て「知ってるかも」と思ったのも一応過去の記憶絡みですが)

6話で早々に世界観の謎が明らかになった今となっても残る大きな謎は裕太の記憶なので
残る半クールで何か起こるとしたらそれ関連な可能性は無きにしも在らずと思うんですがね…。
前にも言いましたが、それが鬱展開な方向にならない事を祈るばかりです!

でも裕太の正体についてですが、アノシラスちゃんが
「先代が“キミに”お世話になった」と発言していたのは大きな手掛かりではないでしょうか?

特撮版未視聴ながら調べたところによると怪獣アノシラスは特撮版で
グリッドマンに救われた『悪くない怪獣』という事でしたが、そんな
アノシラスの子孫(?)が『キミの仲間に』とかじゃなくて『キミに』と
言ったという事は裕太グリッドマンの分身だったり特撮版の主人公だという
可能性が高まったというかそれしかないですよね?

裕太絡みの謎という事で言うと『記憶喪失になる前に六花に何か言った』事もですね!
話が進むにつれて裕太六花ちゃんラブが濃厚な雰囲気になってきたので
順当に考えれば告白していたみたいなアツアツなヤツだと思うんですが…
でも仮想世界だから六花ちゃんの記憶に刷り込まれてるだけの記憶で
そもそも裕太が記憶喪失になる前には何も存在していなかったとか
そういう鬱展開に繋がりそうで怖い…!

前回の感想記事はキャラを疑いすぎていた私ですが
今回の私は様々な要素が鬱展開に繋がりそうに思えてダメですわ(怖)



そんなモテる女の子六花ちゃんですが、1~3話の感想時には
『巻き込まれた一般人代表』みたいに書いた記憶がありますが
どうやら一般人どころか大きく事件に関わってるっぽいですね…。

創造主アカネちゃんとは親交があったようですし、EDとかもアレ絶対にイメージ映像じゃ
済まない何かだと思いますし、そもそも考えてみれば数少ない『記憶が消えない人物』ですし。

あと4~6話で六花ちゃんについて語ると言ったら外せないのが
水着回ですよね! デザインが秀逸すぎる水着デザインは最強でしたね!



水着と言えば、地味に私はっすのアレも良いなぁとか思ってます!
っていうか前回の感想記事も込みではっすなみこの話あんまりしてなかったですよね。

どっち派かと言われれば完全にはっす派で、あの子絶対に
ニコ生でエロ配信やって垢BANされてるような子だと思うんですよね(妄言)

「男だぁ~」とか「マンゴーラッシーおごれぇ」みたいな
喋り方がすごく可愛い、厳密には可愛くない喋り方が可愛い。

是非マスクの下を見てみたいんですがね、
ラジオドラマでも「今度ラフティングあるからマスクの下見れるんじゃない?」という
話になっていたので、5話で本当にラフティング回が来た時に遂にマスクオフ来たかと
思ったんですが、結果はマスクしたままと…。

…これ意外と重要な可能性ってないですかね?
何かグリッドマンアレクシス絡みの秘密がマスクの下に隠されてる的な!
マックスも口元が隠れていますし、実は兄妹ではっすもアシストウェポンとか…ないか!



なみこも態度の割に可愛い声とか
容赦ないっぽい性格なのに胸だけは控えめとか(おい)可愛いですよね!
お兄ちゃんがいそうなイメージです、あと頭の撫で心地が良さそう。



そんなはっすなみこに水着姿で腹肉をつままれた羨ましい男内海
前回内海の事も少し疑うような事を書いたんですが、6話でアカネちゃんに何も洩らさなかった事と
新条さんは巻き込めない」という心情が描かれた事によって彼は完全に『白』と見て良いですね。

でも白なら尚更、なんで内海も記憶が消えないんですかね?
裕太グリッドマン絡みで、六花ちゃんはアカネちゃん絡みで記憶が消えない
理由付けが出来そうな気がするんですが、内海だけあの世界にとっては普通に
記憶が消える人達と同じ扱いだと思うんですが…。

この謎はもう少し物語が進まないと分からなそうですね。
f0205396_21111869.jpg

やや、次回以降アカネちゃんがどうなるのか気になりますよね…!
裕太にバレたという事はアカネちゃんと仲良くしたそうな六花ちゃんや
何食わぬ顔で探りを入れていた内海にも自分の素性が知られたどころか
グリッドマンや新世紀中学生達にもバレたという事なのでもう逃げ場は
無いと思うんですね…。

厳密にはまだ裕太以外には知られてないんですがね。

というのは、6話ラストでは味方側のメンバーが全員揃う場面で終わったので
あの後裕太が皆に真相を話した…と思われがちですが、実はボイスドラマでは
結局何も言わず解散していたので『まだ裕太しか知らない』状態なんです。

裕太の事なので『皆にバラす前に話し合いで解決できないか』という事を
1人でやってみたりするかもしれませんね、それこそOPの『救いに来たんだ』
のシーンに繋がるとかあるかもしれませんしね!

でもそういう場合って『救えると思って救おうとする主人公』に対して
『相手は救われる気がない』事が判明して、もう倒すしかないみたいな
展開に繋がりがちなので要注意ですね。



4話~6話の間には本編外でもアカネちゃんの行く末を予想する材料になりそうな出来事が
ありまして、それがTwitterの『公式抱き枕事件』なんですよ。

これは公式グッズの抱き枕カバーのデザインがTwitterで公開された際に
片面(部屋に居る時のアカネちゃん)はいつも通りの赤い目だったのに対し
もう片面(皆が知っている表のアカネちゃん)は青い目になっていて、直後に
「間違えました(実際の商品は赤い目です)」という旨の訂正がされたものです。

以前にもお話した通り、この作品において目の色は善悪を分ける
重要な要素なので、それが間違った状態で一度公開されたのは
『そういう設定画が存在してそれを参考にイラストを描いてしまったのではないか』
『だから関係者も“今の時点で青いのはマズイ”というのを忘れていたのではないか』
等々、深く考えてしまうんですよね。
(そこまで読んでわざと公開した可能性も微レ存)

何にせよ、残り話数的にもアカネちゃんのキャラ的にも
このまま倒されて終わりという事は無いと思うので
この子が更生できるように皆で見守っていきましょう(?)



っていうかアレクシス!!
てっきりフレンドリーな喋り方はアカネちゃんを騙すための演技かと思ったら
独り言も「アカネくん怪獣創らなくていいのかなぁ、心配だなぁ~」みたいな
口調なのかい!

なんだかんだでアカネちゃんの水着姿を見て「良いねぇ~」みたいな話をしたりと
感情豊かな奴なので、アカネちゃんと共にアレクシスの生存ルートも是非用意して
おいてほしいですがね。

グリッドマンというのは知らない」と言っていましたが
裕太の脳内映像でグリッドマンVSアレクシスみたいな事になっていたので
嘘をついていないとすればアレクシスまで記憶喪失とかそういう可能性も…?



敵方だとアンチくんも鬱展開ルートをひた走っているように見えます、
これ『六花ちゃんと触れ合う』→『人間の優しさを知ってしまう』→『アカネちゃんに反旗』
からのアンチくん抹消というのが濃厚そうに見えて仕方がないんですよね…もしくは!

実はアンチくんは1から創られたのではなく、アノシラスのように元々居た怪獣が
アカネちゃんによって改造されたもので『自分が何者だったか思い出す』パターン!
これなら死なずに助かるパターンもあるぞアンチくん!!

「俺はお前の指示を待っている」からの「断る、俺が戦うのはグリッドマンだけだ」
みたいなヘッポコぶりとか本当に愛すべきキャラなのでね。



愛すべきキャラと言えば新世紀中学生たち!
元々素敵だった彼等も4話~6話で更に人となりが見えてきましたね!

真面目にやってるのが面白いマックスは「レシートは結構です」とか「誰だ」という
一見至極普通の台詞が、何か物凄い事をしているような雰囲気になってしまう奴ですね(笑)
そんな性格かつ容姿もパワー系な彼はボイスドラマで家具の見た目に気を使っている事が
判明したり、アニメ本編をよく見るとキャリバーさんの刀が引っかからないようにうしろ
で持ち上げていたりと実は女子力がかなり高いです。

マックスのおかげでひっかかってないのに気付かず「オレひっかかってないぜ」
みたいな顔で歩くキャリバーさんもかなり可愛いので、この作品の『ダブルヒロイン』って
マックスキャリバーの事なんじゃないかと最近思い始めています、皆さんもそうでしょう?

ボラーくんちゃんはボイスドラマで性別がほぼ確定しましたね、
自分を含めた面子を「男だけで行きますか」と言っていたので
性別は男で間違いないと思います!

5話でアシストウェポンの姿『バスターボラー』が登場しましたが、足場が悪く
前進できないのを最大の理解者っぽいヴィットが「意外と繊細な奴」と言っていたり
性格の割に武装がレスキュー向きだったりと『ズカっとしてるけど実は仲間想い』
みたいなボラーくんちゃんの性格が表れていたような気がしますね。

さて、こうなるといよいよ未だ戦いに参加していないのはスカイヴィッター(ヴィット)だけですが
7話とかに空を飛ぶ怪獣が登場してヴィット出撃みたいな流れに期待したいですね…!

ヴィットを理解する上で重要なのは『やる気がないのではなく無駄な事をしない』という
彼の性格を知る事だと思いまして、例えばPC買取の際にマックスが数万円出したりしている中
ヴィットが支払った金額はなんと『5円』でしたが、これはケチなのではなく他のメンバーが
お金を出した上で足りてないのが5円だったから5円出したと、そういう事なんです。

その後PCを運ぶ際も皆が思い部品を運ぶ中
1人荷物なしでスマホを弄っていたのも…もう持つ物が無かったからなんです。

店番の時にお客さんにテキトーに対応してスマホを弄ってたのも…ね?

こんな感じのヴィットがいざ戦場に出た際に、普段通りの感じで行くのか
戦闘中だけ性格が変わったりするのかを地味に楽しみにしています(笑)

高い場所の物をとってくれた事から『気の利くお兄さん』だと思ってる六花ちゃんの
「それなら安心だね」を裏切ってテキトーな店番をしたるシーン地味にお気に入りです。


という事で
今回もキャラクターに沿って感想や鬱展開の不安について語ってきましたが
もう半クールあるので更に話は動いていくと思います、今後も楽しみです…!
これにて今回の感想を終わりますm(__)m
f0205396_23224121.png

f0205396_18323606.jpg


by bobusann | 2018-11-17 18:14 | 映画/アニメ 感想 | Comments(1)
Commented by bobusann at 2018-11-17 19:05
OPサビ前の悪い顔の女の子、絶対にアカネちゃんだと思ったのに別人だった上に良い子でした…!
しかもそれが6話で早々に判明したとあって、今後もどんな衝撃展開がぶち込まれるか非常に楽しみですm(__)m


玩具とかヒーローとか怪獣が好きな人。食玩カード収集も行うゾ!


by ボブギラス

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

神羅万象チョコ 中古パック1..
at 2018-12-08 18:01
アニメ『グリッドマン(SSS..
at 2018-12-06 18:56
【漫画で雑記】パズドラ×仮面..
at 2018-12-03 11:57
【漫画で雑記】上限額3000..
at 2018-12-01 18:24
【漫画で雑記】ステゴ型ゾイド..
at 2018-11-29 18:17

記事ランキング

最新のコメント

記事中でも書いたんですが..
by bobusann at 18:15
ご返信ありがとうございま..
by bobusann at 20:17
「創られた人間」はウルト..
by ありがとうございました at 19:30
コメントありがとうござい..
by bobusann at 18:42
内海君はどう反応するでし..
by 拝読しました at 19:55

カテゴリ

玩具(買い物/貰い物)
ボブラジ(その他ラジオ系)
映画/アニメ 感想
相互リンク先巡回
雑記シリーズ
その他の更新
ボブ工房
オリジナル企画系

タグ

(297)
(258)
(218)
(183)
(142)
(131)
(87)
(79)
(76)
(64)
(55)
(53)
(50)
(48)
(37)
(33)
(32)
(28)
(25)
(18)

ブログジャンル

コレクション
テレビ・ラジオ

検索