人気ブログランキング | 話題のタグを見る

GODZILLA ゴジラ(2014) いよいよ明日公開!

GODZILLA ゴジラ(2014) いよいよ明日公開!_f0205396_1461192.png

・保武ボブVS怪獣映画タイトルリストに戻る
・GODZILLA ゴジラ(2014) 本日公開、見てきました!
・【ボブラジR】GODZILLA ゴジラ(2014)感想!
・(レビュー)ゴジラフィギュア付きドリンクカップ
・(レビュー)ゴジラエッグ(2014/07/12発売の2種類)



10年ぶりに怪獣王ゴジラがスクリーンに帰ってくる…!!!
この一大イベントを前に、今回は私も公開前日から盛り上がっているという異例の状態でございますw

そんな今回は明日公開のゴジラについて公式サイトをチェックしていこうと思います。
『作品情報』や『ニュース』、『予告編』等色々ありますが『ゴジラ数字トリビア』に注目!
画面に出ている『ゴジラ数字トリビア GODZILLA BY THE NUMBERS』をクリックする事で見られる他
画面のゴジラにカーソルを合わせる事でターゲットスコープのような状態に変化、
そこでクリックする事で数字トリビアを閲覧する事が可能です。
是非ここで今作のゴジラに詳しくなってから劇場に足を運びましょう!

【ゴジラ数字トリビア】
 ・355ft(108m)→ゴジラの体長
 ・3miles(4.8km)→ゴジラの咆哮が届く距離
 ・3.51ft(1.07m)→ゴジラの歯の長さ
 ・60本→ゴジラの歯の本数
 ・89.724m2→ゴジラの総体積
 ・89→背びれの数
 ・58ft(17.66m)→ゴジラの足の横幅
 ・60ft(18.18m)→ゴジラの爪先からかかとまでの長さ
 ・500ft(167.74m)→ゴジラの尻尾の長さ

なるほど、絶対勝てない事がわかりました(゜д゜)
ちなみに数字トリビアではゴジラ本体の情報以外にも

 ・500人→本作に関わった撮影スタッフの人数
 ・98→本作のために作った美術セットの数
 ・960→本作のVFXショットの総数
 ・400ft(122m)→野外撮影地に建てられた全長8.980ft(2.737m)の
  ゴールデンゲート・ブリッジの一部の長さ
 ・445年→1台のコンピューターの処理能力でゴジラのCGを制作した場合にかかる年数

という情報も紹介されています。
コンピューター1台だと445年かかる映像が見られる…そう考えるとますます待ち遠しいですねwww



次に私が注目したいのは『ニュース』→『イントロダクション』から見られる4ページ目。
そう、ゴジラ映画復活という喜びに隠れていて気がつかなかったんですが『ゴジラ初3D』!!
「目の前のゴジラに3Dで咆哮される恐ろしさ」が今作の1つの見所との事。
従来のゴジラ映画に敬意を払いつつ
従来の技術では表現できなかった迫力を全く新しい映像で描き上げた、その映像に期待は高まる一方です!

更に『ニュース』→『プロダクションノート』から『NO-005 ゴジラの咆哮を追い求めて』
デザイナーの方は咆哮をゴジラの造形魔術の1つとし
「誤魔化したり、適当に作る事は出来ない。」 「どんなに頑張っても再現する事は不可能な唯一無二の音」
と語ります。
そして最終的に「観客が目を閉じていてもゴジラだと分かる咆哮」
「僕たち全員の鳥肌がたつような(音の)組み合わせに偶然ぶつかった」
「彼らが創り出した声を聞けば、背筋がゾッとするよ」 そんな咆哮、雄叫びに仕上がったそうです!
大画面で聞きたい!! 聞くだけで背筋がゾッとするような咆哮を早く聞きたい!!!
CMでもゴジラの咆哮シーンがありましたが、あれだけでも凄い迫力でしたからね。
その映像と咆哮は鳴き声というより衝撃波でした…大画面で聞きたい!!(←何回言うねん)



では最後に、CMから言葉をお借りして…。
あきらめろ
こいつには
勝てない

by bobusann | 2014-07-24 15:06 | 映画/アニメ 感想 | Comments(0)

玩具とかヒーローとか怪獣が好きな人。食玩カード収集も行うゾ!


by ボブギラス