タグ:ヴァイスシュヴァルツ ( 1 ) タグの人気記事

【ボブのヴァイスシュヴァルツ道】第1話『独自の解釈でルールを覚えてしまおう!』

f0205396_21212035.jpg

新たに『ヴァイスシュヴァルツ』を始めようと思う男、ボブギラスです!

既存のキャラクターを扱うカードゲームの金字塔とも言える
ヴァイスシュヴァルツですが、まずはルールを覚えなければ。

私は経験者の弟にレクチャーを受けましたが
他のTCGと勝手が違う部分がいくつかあったり
ヴァイス独自の単語は「何の事だっけ?」となりがちだったり、
そのルールを理解して覚えるのは地味~に難しいのです。

そこで今回は役に立つかは不明ですが
勝手に解釈してルールを覚えてみましょう!

まずカードの種類。
f0205396_21285850.jpg

ヴァイスシュヴァルツのカードは大きく分けて3種類。

①キャラ
 一般的なTCGで言うところの『モンスターカード』です。
 戦闘を行ったり、相手にダメージを与えるのはキャラです!

②イベント
 一般的なTCGで言うところの『魔法カード』です。
 様々な効果を発揮します!

③クライマックス
 ヴァイスシュヴァルツ最大の独自要素がコレでしょう。
 ヴァイスではダメージ=デッキの上からカードをダメージ分めくり
 クロックに置く事になるのですが、めくったカードの中に
 クライマックスがあるとその時のダメージが完全に無効に!
 
次にカードの見方を解説していきましょう。
f0205396_21355236.jpg

①カード名
 そのままの意味ですがカードの名前です。
 同じ名前のカードはデッキに4枚まで!

②レベル
 後述しますがヴァイスではダメージを受けていく事で
 自分の『レベル』が上がり強力なカードを使えるように
 なっていきます、カードに記載されている『レベル』は
 『自分のレベルがこの数値以上じゃないと使えない』という意味です。

③コスト
 これも後述しますが『ストック』から
 カードに記載されている『コスト』を
 支払わないとカードを使用できません。

④カウンターアイコン
 例として用意した花陽ちゃんにはありませんが
 『カウンターアイコン』があると相手ターンの
 『カウンターステップ』にもカードを使用できます。
 (デュエルマスターズの『シノビ』が分かればソレと思うと良いでしょう)

⑤トリガーアイコン
 『トリガーステップ』でめくられた時に
 『トリガーアイコン』があると効果を発揮できます。
 (デュエルマスターズの『シールドトリガー』が分かればソレと思うと良いでしょう)

⑥テキスト
 カードの効果です。

⑦パワー
 いわゆる『攻撃力』です。

⑧ソウル
 『キャラ』にのみ存在します。
 簡単に言うと『相手に与えるダメージの数』です。

⑨特徴
 種族、属性にあたるものが『特徴』です。
 主に『〇〇(属性)を持つカードのパワーを+1000する』といった
 他のカードの効果の対象となるか否かを確かめる時に参照します。

⑩カード番号
 遊ぶ際には関係ないです。

⑪フレーバーテキスト
 遊ぶ際には関係ないです。
 でも、どのTCGでもフレーバーテキストを読むのって楽しいですよね。

カードの見方、部分的な名称と機能が分かったトコロで
次はフィールド(プレイシート)の各エリアを見て見ましょう!
f0205396_21593850.jpg

これが正式名称のみを記載したものです。

①山札
 これは単純に『デッキ置き場』です。
 
②控え室
 怒られるのを覚悟で言いますが
 一般的なTCGにおける『墓地』
 と覚えてしまいましょう。
 ヴァイスでは1回の試合中に何回か控え室のカードが
 全て山札に戻ったりするので一概に墓地とも言いにくいですが(・・;)

③クロック
 自分が受けたダメージです。
 
④レベル
 クロック(ダメージ)が7枚になったら
 その中から1枚を選び『レベル』に置きます。
 (残り6枚は『控え室(墓地)』へ)
 こうして自分のレベルが上がると有利にもなりますが
 ヴァイスの敗北条件『レベルが4になる』に近づきます。

⑤ストック
 カードの見方でもご紹介しましたが
 カードの使用に必要なコストをストックから支払います。
 (コスト支払い⇢ストックから必要枚数を『控え室(墓地)』へ)
 ストックはキャラのアタックや、カード効果によって増えます。

⑤クライマックス置場
 クライマックスカードを使用する際にここに置きます。
 使用したクライマックスはエンドフェイズで控え室(墓地)へ。

⑥前列(舞台)
 プレイ(召喚)したキャラを置くエリアです。
 3枚まで置く事が可能で、前列のキャラは攻撃が可能です。

⑦後列(舞台)
 プレイ(召喚)したキャラを置くエリアです。
 2枚まで置く事が可能で、後列のキャラは攻撃できません。
 効果を発揮し前列のキャラを応援するエリアという事です。

⑧思い出
 これはいわゆる『除外』ゾーンでしょうか。
 先述の通り『控え室』は『墓地』と例えたものの
 試合中に何度も全て山札に戻るエリアでしたが
 『思い出』が戻ってくる事はありません。

という事で、ヴァイス独自の各単語を勝手に
『墓地』とか『召喚』とか言って独自の解釈をしましたが
ソレを反映したプレイシートを再度用意してみたのでどうぞ!
f0205396_22214941.jpg

少なくとも私の中ではコレが『こうすると覚えやすいよ』という図です。

クロックを『ダメージ』と呼んだりストックを『コスト/マナ』と呼ぶまでは
許されると思うんですが、あまり控え室の事を『墓地』と呼んでいると
好きなキャラを使用するヴァイスの特性上いい気がしない人も多いと
思うので、なるべく墓地とは呼ばない方が良いでしょう(・・;)

次に、デッキ構築のルールですが
①デッキ枚数は50枚!
 それ以上でも以下でもダメです。

②同名カードはデッキに4枚まで!
 イラストが違ってもカード名が同じなら『同じカード』扱いです。
 逆に、同じキャラクターでもカード名が違えば『異なるカード』扱いです。

③クライマックスカードはデッキに8枚まで!
 ヴァイスシュヴァルツはクライマックスにより
 『ダメージキャンセル』が起こるTCGです(後述)
 その確率の関係でクライマックスは8枚までと決まっています。

④制限カードに気を付けよう!
 ヴァイスシュヴァルツにも『使用制限』がかかったカードがあります。
 それらの制限をしっかり守ってデッキを構築しましょう。

ではいよいよルールに触れていきましょう!
コチラの動画(公式)が分かりやすいので、是非目を通しておきましょう!

以下、公式の動画の順序に沿ってルールを解説していきます。

【勝利条件】
・相手の『レベル』を『4』にする

【ゲームの準備】
①デッキをシャッフルする
②山札からカードを5枚引く
③先攻後攻を決める
④手札を入れ替える
※手札を任意の枚数選んで『控え室』に置く事で
 その枚数分、山札から新たにカードを引く事ができます

【ターンの最初にする事】
①スタンドフェイズ
※1ターン目は関係ありませんが、レスト状態(横向き)の
 カードをスタンド状態(縦向き)に戻すフェイズです。
 (デュエルマスターズの『アンタップ』が分かればソレと思うと良いでしょう)
②ドローフェイズ
※山札からカードを1枚引きます。
 先行1ターン目からドローフェイズを行います。
③クロックフェイズ
※手札を1枚『クロック置場』に置く事で
 カードを2枚引く事ができます。
 つまり『自分でダメージを受ける代わりに2枚ドローできる』フェイズです。

【メインフェイズ】
①キャラを登場させる(つまり召喚)
※『条件』を満たしていれば1ターンに何枚でも
 キャラを登場させることが可能です。
 『条件』とは『自身のレベルが足りている事』と
 『必要枚数ストックからコストを支払える事』です。
 レベル0以外のカードには『色』という概念も存在し
 これは『レベル置場かクロック置場に同じ色のカードがないと使用不可能』です。
②キャラを動かす
※前列のキャラは『正面の敵キャラ』に攻撃できます。
 攻撃を行うキャラを、攻撃したい敵キャラの前に動かしましょう。

【クライマックスフェイズ】
・クライマックスカードを使用できるフェイズです。
 クライマックスカードも
 『レベル置場かクロック置場に同じ色のカードがないと使用不可能』です。

【アタックフェイズ】
※スタンド状態(縦向き)のカードをレスト状態(横向き)に
 する事によって『アタック』できます。
※ダメージを受けたプレイヤーはダメージ分カードを山札からめくり
 めくったカードの中にクライマックスカードが無ければ『クロック置場』へ、
 めくったカードの中にクライマックスカードがあれば『控え室』へ(ダメージキャンセル)
①ダイレクトアタック
※目の前に敵キャラが居ない場合『ダイレクトアタック』となります。
 相手にダメージを与える『ソウル(カードの見方参照)』の数が+1されます。
 この後『トリガーチェック(山札から1枚めくる)』を行い
 めくったカードの右上にソウルのマークがあれば更に+1されます。
 トリガーチェックでめくられたカードは『ストック置場』へ。
②フロントアタック
※目の前に敵キャラが居る場合に選択できる2種類の攻撃方法のうちの1つです。
 ダイレクトアタック同様トリガーチェックを行った後
 目の前の敵キャラと『バトル』が発生します。
 バトルを行い『パワー』の低い方が『リバース状態(逆さま)』になります。
 (パワーが同じだった場合は『両方リバース状態』となります)
 その後、ソウル&トリガーチェック分のダメージを与えます。
 『勝っても負けてもダメージが通るがバトルが発生する攻撃方法』と覚えましょう!
③サイドアタック
※目の前に敵キャラが居る場合に選択できる2種類の攻撃方法のうちの1つです。
 ダイレクトアタック同様トリガーチェックを行った後
 『相手のレベル分ソウルが減った数のダメージ』を与えます。
 『バトルを行わずに済むが相手のレベル分、与えられるダメージが減る攻撃方法』です!

【レベルアップ】
※クロック置場にカードが7枚たまると『レベルアップ』します。
 (ダメージが7たまるとレベルアップするという事ですね)
①クロックの中から1枚カードを選び『レベル置場』に置きます。
 レベル置場に置かれたカードは使用できなくなるので
 なるべく不要なカードをレベル置場に置くようにしましょう。
②残りの6枚を『控え室』に置きます。

【リフレッシュ】
※山札が無くなると『控え室』のカードが新たに山札となります。
①『控え室』のカードをシャッフルし、山札置場に置きます
②新たな山札の1番上のカードを『クロック置場』に置きます。
 山札が切れ、控え室のカードが新たな山札となったペナルティと覚えると良いですね。
※この時クロックにクライマックスカードが置かれても
 ダメージキャンセルにはなりません(ペナルティであり、ダメージではないため)
※例えば『山札から2枚引く』必要がある時に
 1枚目を引いて山札が切れてしまった場合は
 1枚引く(山札切れ)⇢リフレッシュ(ペナルティは実行しない)⇢2枚目を引く⇢ペナルティ
 の順番となります。



ルール説明は以上です!
正直なんか公式のルール説明を見た方が早いような(禁句)
f0205396_11432304.jpg


f0205396_00434926.png
やってる人から直接レクチャーを受けて
公式サイトや動画でルールを復習して
ルールを説明するブログ記事を書いて
っていう流れでかなり覚えられたようね。


f0205396_19485195.png
それでもまだトリガーチェック後のカードを
クロック(ダメージ)に置くクセがあったり、
発動したクライマックス効果分のソウルを
ほぼ必ずカウントし忘れたりとか色々ある
みたいやけど…やって覚えてったらええわ。
by bobusann | 2017-05-15 22:00 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(2)


最近は毎週月、木、土曜日に更新中!


by ボブギラス

プロフィールを見る

最新の記事

【開封レビュー】神羅万象チョ..
at 2017-05-22 20:30
週末日記
at 2017-05-20 21:28
【開封レビュー】神羅万象チョ..
at 2017-05-18 21:33
【ボブのヴァイスシュヴァルツ..
at 2017-05-15 22:00
週末日記
at 2017-05-13 18:54

記事ランキング

最新のコメント

霜月さん、コメントありが..
by bobusann at 18:49
箔押しゲットおめでとうご..
by 霜月 at 08:30
霜月さん、コメントありが..
by bobusann at 19:45
遊戯王とかやってるとつい..
by 霜月 at 23:30
霜月さん、コメントありが..
by bobusann at 19:14

カテゴリ

玩具(買い物/貰い物)
ボブラジ(その他ラジオ系)
映画/アニメ 感想
相互リンク先巡回
雑記シリーズ
その他の更新
ボブ工房
オリジナル企画系

タグ

(242)
(191)
(181)
(176)
(141)
(129)
(87)
(76)
(64)
(53)
(48)
(42)
(32)
(32)
(28)
(25)
(24)
(21)
(18)
(15)

ブログジャンル

コレクション
テレビ・ラジオ

検索