タグ:ヒーロー ( 87 ) タグの人気記事

ゴーストチェンジシリーズGC02 ムサシゴースト&エジソンゴーストセット

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_18343565.png

仮面ライダーゴーストの変身シークエンスを完全再現できる『ゴーストチェンジシリーズ』より
第2弾となる『ムサシゴースト&エジソンゴーストセット』が発売されました!

幽霊に見立てたコートを着る事で姿が変わる仮面ライダーゴースト。
今回は素体(仮面ライダーゴースト本体)は付属せず、コート2つのセットとなっています。

では見ていきましょう!
f0205396_18382748.jpg

付属品は
 ・ムサシゴースト
 ・エジソンゴースト
 ・ガンガンセイバー(二刀流モード)
 ・ガンガンセイバー(ガンモード)
 ・ゴースト台座×2
となっています。
GC01にゴーストに合う台座が付属していなかったので
このセットで台座が手に入るのは地味に嬉しい仕様ですねw

その台座を組み立ててみましょう。
f0205396_18411496.jpg

まぁ組み立てると言っても、底と本体をくっつけるだけなんですがねw
台座には本編にも登場する壁画(?)のようなモールドも彫られていて見栄えが良いです。

ではムサシゴーストを見ていきましょう。
f0205396_18432241.jpg

f0205396_18435485.jpg

鮮やかな赤に、鎧のような胸部パーツがカッコいいです。
この後紹介するエジソンも含めて既に3体のゴーストが発売されていますが
その中ではムサシゴーストだけが袖が無い、変形構造が異なる物になっています。

オレやエジソンはゴーストの状態でも変形の構造を利用して
腕の付け根とヒジに表情を付けてポージングできたんですが、
ムサシはゴースト状態の腕がまるごと軟質パーツなのでポーズをとらせて固定はできません。
上の画像のように手で持って曲げて遊ぶのが限界でしょうか(・・;)

まさか針金を入れてみたり、ドライヤーで曲げてみるような亡者も現るまい。

このムサシゴーストを変形!
f0205396_18512924.jpg

ムサシゴーストの顔が上を向くように動かしていくと
仮面ライダーゴースト ムサシ魂の顔が出てきます。

次に手。
f0205396_18523087.jpg
ムサシゴーストの手だった部分は、肩の飾りになります。

そして本体に装着!
f0205396_18534766.jpg

ムサシゴーストの顔と本体の顔が重なるように装着し、肩のジョイントを固定します。

完成、仮面ライダーゴースト ムサシ魂!
f0205396_18545662.jpg

f0205396_18551599.jpg

f0205396_18553397.jpg

f0205396_18555018.jpg

普通ならオレ魂よりもこのムサシ魂の方がメインと言いましょうか、基本形態に見えますよねw

今回も固定されている顔のパーツを外す事ができるため
首の可動を実現させる事が可能です!

ムサシ魂の顔は、赤い剣2本が交わって黒い部分が目に見えています。

ムサシ魂用の付属武器『ガンガンセイバー(二刀流モード)』も見てみましょう。
f0205396_1912425.jpg

オレ魂付属のガンガンセイバーは成型色がクリアブラックだったんですが
今回はグレーの成型色1色になっています。

以下、ムサシ魂で遊んでみました。
f0205396_1923794.jpg

二刀流というストレートにカッコいい特徴があるので、ポーズをつけやすいです。

次にエジソンゴーストを見ていきましょう。
f0205396_1954135.jpg

f0205396_196370.jpg

イメージカラーは黄色ですが、よく見ると実はグレーの方が割合が多いです。

エジソンは基本構造がオレゴーストと同じなので、ポーズをとらせて飾っておく事も可能です。
なんなら『ヒジが二重関節』と言っても嘘ではないですからねw

それから両手を合わせて電球の形にする事も可能です、面白い!

このエジソンゴーストを変形!
手順は上で既にご紹介したムサシとほぼ同じですが、もう一度。
f0205396_1910470.jpg

エジソンゴーストの顔が上を向くように動かしていくと
仮面ライダーゴースト エジソン魂の顔が出てきます。

次に手。
f0205396_1911163.jpg

エジソンゴーストの手だった部分は、方の飾りになります。

そして本体に装着!
f0205396_1912507.jpg

エジソンゴーストの顔と本体の顔が重なるように装着し、肩のジョイントを固定します。

完成、仮面ライダーゴースト エジソン魂!
f0205396_19135323.jpg

f0205396_19141215.jpg

f0205396_1914322.jpg

f0205396_19145160.jpg

エジソン魂の時は角が3本になりますが、コレが凄くカッコいいと思うんですよね。
毎年早い段階で何フォームか姿が公開されるじゃないですか、
その中でエジソン魂を見た時「一番カッコいい」と思った記憶もありますw

もちろん上でご紹介したムサシ同様、顔のパーツを外す事で
首の可動を確保できるようになっています。

エジソン魂の顔は黄色い電球が描かれていて、黒い部分が目に見えています。

エジソン魂用の武器『ガンガンセイバー(ガンモード)』も見ていきましょう。
f0205396_19192859.jpg

二刀流モードと同じ、グレーの成型色1色です。

以下、エジソン魂で遊んでみました。
f0205396_19202966.jpg

初の遠距離武器モードという事で、コチラもポーズがガンガンきまります。
また『冷静そう』というエジソン魂が醸し出す雰囲気も、ポージングの良いアクセントになっているかと。

最後に、色々な物にゴーストを着せてみました。
f0205396_19222770.jpg

by bobusann | 2015-10-22 19:23 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

SHODO仮面ライダーVS 03.仮面ライダーX

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_19584652.png

ボブの『コレが欲しかった』が実現したような食玩『SHODO仮面ライダーVS』より
今回はラインナップ03、仮面ライダーXをご紹介しますm(_ _)m
f0205396_2002122.jpg

f0205396_2004728.jpg

箱を開けると、フィギュアを構成するパーツや台座等が1つの袋に入っています。
(他にラムネも入っています)

では仮面ライダーXを組み立てていきましょう!
f0205396_202123.jpg

角をランナーから切り取り、頭部に取り付けます。

私はV3の組み立て時に触角を折ってしまうという失態をおかしましたが
Xの角は太くて頑丈そうですし、折れる心配は無いでしょう〜…折れましたorz
角の凸を、東部の凹に入れるんですが、コレがやけに硬い…!(個体差かもしれませんが)
それで力任せに押し込もうとしたら手が滑って、勢い余って折れましたw
なので今回使用している画像も大半が、実は一度折れて接着して直した後の物になります(・・;)
f0205396_2071216.jpg

マフラーを首にはめた状態で、挟み込むように頭部を取り付けます。
f0205396_2082279.jpg

4種類(6個)付属する手の中からどれかを選択し、取り付けます。
f0205396_2091328.jpg

余った手は台座に取り付けておく事が可能です。

これで仮面ライダーXの完成です!
f0205396_2010858.jpg

f0205396_20104093.jpg

f0205396_2011241.jpg

どの昭和ライダーを見ても思う事ですが、色の選び方がもはや芸術ですよね。
Xはグレー主体に黒や赤を散りばめた一見ヒーローに不向きに見える色をチョイスしながら
しっかり主人公のイメージを確保できているのが凄いですね…。

プロポーションも造形も塗装も、過去のほぼ同スケールのフィギュア『MRS』を上回っています。
しかもMRSがランダムだったのに対しSHODOは選べますからね、それが凄く良いですw

この通称『ミクロマンサイズ』は
ミクロマンや海外映画のベーシックフィギュアと組み合わせて遊べる
個人的に悪損フィギュアの中で最も好きな大きさです。

ではこのSHODOがどれほど動くのか見てみましょう。
f0205396_20175774.jpg

首はボールジョイントで、かなり優秀です。

腕も付け根がボールジョイント、二の腕にも可動(回転)がありヒジも90度以上曲がります。
腕は付け替えできる位置で回転可能なので、実質手首が回転する事になります。
f0205396_20201489.jpg

胸にも可動があり、これもなかなか動きます。

腰には可動がありませんが
胸の可動で十分すぎる程補えるので、一切問題ありません。
(下手に胸も腰も動くとポーズつけにくいとかありますしね)
f0205396_20215755.jpg

足は付け根がボールジョイント。
しかも食玩フィギュアにも関わらず、そのすぐ下(太股)に可動(回転)があります。

ヒザも90度以上曲がり
足首もボールジョイントかつ、動かしやすい形に設計されています。

可動も完璧としか言えませんねコレw

次に付属武器『ライドル』を見てみましょう。
f0205396_20242798.jpg

画像のようにランナー付きの物を、切り離して使用します。
何度も比較対象にして申し訳ないですが
MRSの付属武器は黒一色だったのに対し、SHODOでは塗装が施されています。

以下、遊んでみました。
f0205396_2027113.jpg

f0205396_20273086.jpg

f0205396_20275553.jpg

by bobusann | 2015-10-16 20:28 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(2)

【中古レビュー】S.H.フィギュアーツ スカイハイ

f0205396_20212275.png

新たにオープンした中古店でタイバニフィギュアーツを大量購入してきたシリーズ第4弾です!

今回はスカイハイ、購入価格は800円です(安)
他のスカイハイは1000円だったんですが、何故か1つだけ800円だった物を購入。
開けて中身を確認した後も、何が原因で1つだけ安かったのかは不明なままです。

そういえば数日前にTIGER&BUNNYのハリウッド映画化が決まりましたね(;゚Д゚)
人気再沸騰で中古タイバニグッズの値段が上がる可能性もありますし
狙いすましたかのようなタイミングで売ってたの買っておいて良かったなぁとw
f0205396_20272137.jpg

f0205396_2027383.jpg

付属品は本体、付け替え用の手首が3種類(6個)、バックパックのエフェクトパーツ、
角が折れた状態を再現できる頭部の付け替えパーツと、折れた角の先、専用台座です。

では本体を見ていきましょう!
f0205396_20315726.jpg

f0205396_20322163.jpg

f0205396_20324453.jpg

f0205396_2033663.jpg

それはもう『完璧なスカイハイ』ですよコレは!

ただ足が一番密度が濃いデザインな気がするんですが、それがマントで隠れているため
とにかくシンプルで大味なデザインに見えてしまうのがやや残念なところ(・・;)
タイバニファン失格と言われそうですが、どうもタイバニのヒーローデザインは
主人公2人のデザインに他のヒーローが追いつけていないような気がしてしまうんですよね。
アニメ、いわゆる二次元的に見ると「そういうもの」と思わざるをえませんが
実写ではそういうわけにはいきません、それをハリウッド版がどうカバーしてくるか楽しみです。

付属品を見ていきましょう、まずはコチラ。
f0205396_20444472.jpg

最初に見た時は「通常の顔と何が違うんだろう」としばらく考えてしまいましたw
隣のランナーと見比べるとお分かりいただけるのでは?

そう、コレは『角が折れた状態を再現できる頭部(と折れた角)』です…正直コレいります?(おい)
確か本編では1クール目の終盤、ジェイク戦で角が折れてましたっけ。

こんなに細かいパーツなのに何故わざわざランナー付きにしてまでコレが付属したのか。

次にエフェクトパーツです。
f0205396_20501472.jpg

スカイハイの飛行能力を分かりやすく再現できるパーツ、コレは必須ですね!

最後に手首。
f0205396_20524974.jpg

少なくとも今までに開封したタイバニフィギュアーツの中で、
付属する手首の数はスカイハイが最も多いです。

「ありがとう、そしてありがとう!」やその他色々なポーズで使う『指先を伸ばした手』、
スカイハイの最強技っぽいか〇はめ波を再現する用の『パー(より開いている)手』…等、
スカイハイのポージングには様々な手の表情が必須になってきますからね。

以下、遊んでみました。
f0205396_20594412.jpg

スカイハイらしいポーズが決まりまくるものの、
言い方を変えると『みんなも同じポーズとらせているであろう』って感じですねw

最後に付属の専用台座を見てみましょう。
f0205396_2113184.jpg

f0205396_2115518.jpg

タイバニの雰囲気に合ったデザインで、クリアパープルもキレイです。
アーツの重さ的に、この台座でスカイハイの飛行を再現するのはやや難しいですかね(・・;)

という事で、非常に完成度が高いアクションフィギュアには違いないんですが
個人的に惜しいと思ってしまうデザインや、正直意味不明な付属品…等
今回はややマイナスポイントが目立つという評価になってしまいましたね。

で、思ったんです。
f0205396_216485.jpg

絶対マント無い方がモテるよ(完)
by bobusann | 2015-10-14 21:07 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(4)

SHODO仮面ライダーVS 02.仮面ライダーV3

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_2026239.png

ボブの『コレが欲しかった』が実現したような食玩『SHODO仮面ライダーVS』より
今回はラインナップ02、仮面ライダーV3をご紹介しますm(_ _)m
f0205396_2028049.jpg

f0205396_20281616.jpg

箱を開けると、フィギュアを構成するパーツや台座等が1つの袋に入っています。
(他にラムネも入っています)

では仮面ライダーV3を組み立てていきましょう!
f0205396_20294614.jpg

触角をランナーから切り取り、頭部に取り付けます。

余談ですがV3の触角パーツはしっかりバリを取らないと上手く組み立てられません!
「ちょっとくらいバリが残ってても押し込めば入るだろ…」なんてやってると折れます。
っていうか折れました(実話)
なので今回使用している画像の大半が、実は一度折れて接着して直した後の物になります(・・;)
f0205396_20324896.jpg

マフラー(襟)を首の裏の穴にはめ込みます。

f0205396_20333592.jpg

3種類(6個)付属する手の中からどれかを選択し、取り付けます。

f0205396_20343448.jpg

余った手は台座に取り付けておく事が可能です。

これで仮面ライダーV3の完成です!
f0205396_20352840.jpg

f0205396_20354471.jpg

f0205396_2036160.jpg

V3ってかっこよすぎですよねw
赤い仮面なのにボディは緑メイン、それが違和感なくまとまっている高度な配色センス。
襟を立てているのも最高ですし、そこからマフラーが2つ出ているのもナイスすぎます。

プロポーションも造形も塗装も、過去のほぼ同一スケールのフィギュア『MRS』を上回っています。
しかもMRSがランダムだったのに対しSHODOは選べますからね、それが凄く良いですw

この通称『ミクロマンサイズ』は
ミクロマンや海外映画のベーシックフィギュアと組み合わせて遊べる
個人的にアクションフィギュアの中で最も好きな大きさです。

ではこのSHODOがどれほど動くのか見てみましょう。
f0205396_20423672.jpg

首はボールジョイントで、かなり優秀です。
襟もほとんど邪魔になりませんが、横を向かせる時に顎が少々ぶつかります。
と言ってもポージングに支障が出る程ではありません。

腕も付け根がボールジョイント、二の腕にも可動(回転)がありヒジも90度以上曲がります。
腕は付け替えできる位置で回転可能なので、実質手首が回転する事になります。
f0205396_20465091.jpg

胸にも可動があり、これもなかなか動きます。

腰には可動がありませんが
胸の可動で十分すぎる程補えるので、一切問題ありません。
(下手に胸も腰も動くとポーズつけにくいとかありますしね)
f0205396_20483433.jpg

足は付け根がボールジョイント。
しかも食玩フィギュアにも関わらず、そのすぐ下(太股)に可動(回転)があります。

ヒザも90度以上曲がり
足首もボールジョイントかつ、動かしやすい形に設計されています。

可動も完璧としか言えませんねコレw

以下、遊んでみました。
f0205396_20503698.jpg

f0205396_20511910.jpg

by bobusann | 2015-10-10 20:52 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

SHODO仮面ライダーVS 01.仮面ライダー旧1号

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_2029106.png

最近のアクションフィギュアって完成度こそ凄いものの
一昔前までは考えられなかったような高価格じゃないですか…。

小さくてお手軽価格なMRSが発売された事もありましたが
ランダムなので揃えようとすると結局お金が吹っ飛びましたしね…。

MRSみたいな商品をランダムじゃなしに発売すれば良いのに〜と言い続けてきました。

遂にソレが出た!
という事で今回は1個500円の食玩『SHODO仮面ライダーVS』より
ラインナップ01、仮面ライダー旧1号をご紹介致しますm(_ _)m
f0205396_20382488.jpg

f0205396_20391540.jpg

箱を開けると、フィギュアを構成するパーツや台座等が1つの袋に入っています。
(他にラムネも入っています)

では仮面ライダー旧1号を組み立てていきましょう!
f0205396_20411328.jpg

触角をランナーから切り取り、頭部に取り付けます。

f0205396_20425178.jpg

マフラーを首にはめた状態で、挟み込むように頭部を取り付けます。

f0205396_2044417.jpg

3種類(6個)付属する手の中からどれかを選択し、取り付けます。

f0205396_2045033.jpg

余った手は台座にまとめて取り付けておく事が可能です。

これで仮面ライダー旧1号の完成です!
f0205396_20455658.jpg

f0205396_204622100.jpg

f0205396_205175.jpg

現代ではなかなか使われない色の組み合わせでありながら
確固たるイメージを確立している旧1号の見事なカラーリングが完璧に再現されていますね。

プロポーションも造形も塗装も、過去のほぼ同スケールのフィギュア『MRS』を上回っています。
しかもMRSがランダムだったのに対しSHODOは選べますからね、それが凄く良いですw

最近はアーツサイズが主流になりつつありますが、
これくらいの通称『ミクロマンサイズ』のフィギュアって案外遊びやすいんですよ!
それこそミクロマンだったり、海外映画のベーシックフィギュアと組み合わせて遊べるサイズです。

ハイパーモーションズなんかもサイズ感がバッチリです。
f0205396_20543656.jpg

このサイズだと安価で組み合わせて遊べる小物も沢山発売されているじゃないですか、
食品サンプル的なシリーズだったり、最近では骨のアクションフィギュアみたいなヤツだったり。

さて、ではこのSHODOがどれほど動くのか見てみましょう。
f0205396_20564764.jpg

首はボールジョイントで、かなり優秀です。

腕も付け根がボールジョイント、二の腕にも可動(回転)がありヒジも90度以上曲がります。
腕は付け替えできる位置で回転可能なので、実質手首が回転する事になります。
f0205396_20594678.jpg

胸にも可動があり、これもなかなか動きます。

腰には可動がありませんが
胸の可動で十分すぎる程補えるので、一切問題ありません。
(下手に胸も腰も動くとポーズつけにくいとかありますしね)
f0205396_2113844.jpg

足は付け根がボールジョイント。
しかも食玩フィギュアにも関わらず、そのすぐ下(太股)に可動(回転)があります。

ヒザも90度以上曲がり
足首もボールジョイントかつ、動かしやすい形に設計されています。

可動も完璧としか言えませんねコレw

以下、遊んでみました。
f0205396_2151344.jpg

プロポーションが良好で、塗装や造形もバッチリで、動かやすいこのサイズで。
遊びやすさ満点の大満足な逸品ですね!

既に今回のラインナップでも他に
 02.仮面ライダーV3
 03.仮面ライダーX
 04.アポロガイスト
がありますが、コレは是非今後も続いて様々な仮面ライダーを商品化してほしいです!
昭和ライダーをコンプリートしてほしい人もいれば
平成ライダーもラインナップしてほしい人もいるでしょう。

今後のラインナップも気になる、素敵なフィギュアでした。
他の3つもレビュー予定なのでお楽しみにm(_ _)m
by bobusann | 2015-10-06 21:09 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

ゴーストチェンジシリーズGC01 仮面ライダーゴースト オレ魂

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_922119.png

新番組『仮面ライダーゴースト』の変身シークエンスを完全再現できるフィギュア
『ゴーストチェンジシリーズ』より、第1弾となる『仮面ライダーゴースト オレ魂』が発売されました!

幽霊に見立てたコートを着る事で姿が変わります。

では見ていきましょう!
f0205396_9244280.jpg

付属品は
 ・仮面ライダーゴースト本体
 ・オレゴースト
 ・ガンガンセイバー
といった、毎回お馴染みの『初回遊べるセット』といった感じです。

10月中旬には『GC02 ムサシゴースト&エジソンゴーストセット』という
ゴースト(コート)のみのセットが発売され、遊びの幅が広がっていきます!

では本体を見ていきましょう。
f0205396_928041.jpg

f0205396_9281766.jpg

f0205396_928354.jpg

この状態はゴーストが一切合体していない『無個性』を象徴したようなデザインになっています。

作中では変身時やフォームチェンジ時に
数秒間ゴーストが合体していない時のみ登場するものだと思われます。

毎年恒例の非常に良く動く&プロポーションが良い素体で
 ・首はボールジョイント
 ・腕の付け根は縦にも横にも可動
 ・二の腕は回転可能
 ・ヒジは90度程曲がる
 ・指は2本ずつ可動
 ・腰は回転可能
 ・足の付け根は縦にも横にも可動
 ・太股は回転可能
 ・ヒザは90度以上曲がる
 ・足首はボールジョイント
となっています。

また、複数の部位に透明なクリアパーツが使用されている他に
黒い部分もよく見るとクリアブラックの成型色になっています。

次にオレゴーストを見ていきましょう。
f0205396_9413212.jpg

f0205396_9415631.jpg

本体カラーと同じ、黒とオレンジのゴースト。
一見完全にコートですが、多少ポーズをとらせるとソレっぽく見える不思議なデザインです。

本体に装着させやすいよう、脇腹にあたる部分が腕を通す位置まで縦に切れています。

このオレゴーストを変形!
f0205396_9462971.jpg

オレゴーストの顔が上を向くように動かしていくと
仮面ライダーゴースト オレ魂の顔が出てきます。

次に手。
f0205396_948244.jpg

オレゴーストの手だった部分は、肩の飾り(ベルト)になります。

そして本体に装着!
f0205396_949081.jpg

オレゴーストの顔と本体の顔が重なるように装着し、肩のジョイントを固定します。

完成、仮面ライダーゴースト オレ魂!
f0205396_9524663.jpg

f0205396_953651.jpg

f0205396_953241.jpg

f0205396_9534577.jpg

コレが今年の主役ライダーの基本形態となります。
黒とオレンジという、また今までに無かった色合いが面白いですね。

素体の上にコートを着せているので可動を妨げるかと思いきや
オレゴーストの腕そのものが動くので邪魔になりませんし、意外にも可動は一切死にません(;゚Д゚)

厳密には、構造的に首の可動が無くなるはずなんですが…。
f0205396_9585341.jpg

こんな感じに取れるようになっているので…。

大丈夫なんです!
f0205396_9595040.jpg

パッケージの写真も、何枚かこの方法で首に角度を付けているっぽいものがあります。
ただし正規の遊び方ではないので破損に注意して自己責任で行なってくださいm(_ _)m

コツは
 ・外す時は一度普通に本体とゴーストを合体させてから
  フードの部分を後頭部に向けて引っ張る
 ・戻す時は本体とゴーストを分離してから戻そうとすると難しいので
  合体させたままフードの後ろの長方形の穴からジョイントを確認しながら戻す
と良いです。

付属の武器も見てみましょう。
f0205396_1041637.jpg

ガンガンセイバーです。
正直、現段階では詳しいギミック等は知らないので『普通の剣』としか言えませんが(・・;)

コチラも本体のようにクリアブラックで成形されています。

以下、遊んでみました。
f0205396_106418.jpg

f0205396_1062667.jpg

非正規ながら、やはり首の可動を確保できた事が大きいです。
これが無いだけでポージングが不自然になるところですからねw

初回から武器が付属しているのも、遊びやすさに大きく貢献しています。
まぁ前年、初回で武器が付かなかった方が珍しいわけですが(ドライブ タイプスピード)

あと実質ただのコートと言えど、本体とゴーストの2人が付属している設定になるので
早速からめて遊べるのも面白いというかよく考えたなぁ〜と素直に感心しています。

ゴーストを色々なフィギュアに着せて遊んだりできるのも良いですよねw
figmaの女の子に着せると肩幅が広くてアレに見えますが、顔の部分だけ見る分には…。
f0205396_10121253.jpg

普通にフードが萌えアイテムっぽく見えません?
by bobusann | 2015-10-04 10:13 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

【中古レビュー】S.H.フィギュアーツ ロックバイソン

f0205396_20183192.png

新たにオープンした中古店でタイバニフィギュアーツを大量購入してきたシリーズ第3弾です!

今回は巨漢ロックバイソンをご紹介
購入価格は1000円でしたm(_ _)m
f0205396_2022553.jpg

f0205396_20232317.jpg

付属品は本体とソレを構成するパーツ(後頭部のチューブ2種類、両肩のドリル)と
付け替え用の手首が1種類(2個)、そして専用台座です。

早速本体を完成させましょう。
f0205396_20254678.jpg

まず両肩にドリルを取り付けます。

次に後頭部のチューブ。
f0205396_20262712.jpg

コチラは2種類のうち1つを選択して取り付けます。
(首の向きによって選択)

では本体を見ていきましょう。
f0205396_20273143.jpg

f0205396_20275171.jpg

f0205396_20281382.jpg

f0205396_20283588.jpg

一見大味すぎるようにも見えるロックバイソンのデザインですが、
フィギュアを手にとって初めて分かる細部のディテールや装飾まで再現されています。

鼻輪なんて一応可動しますからね!

そして通常のフィギュアーツと体型も異なるため
独自の構造が各部に散りばめられています、まず腕。
f0205396_20314168.jpg

まさかのボールジョイント(;゚Д゚)
まぁ下手に二重関節なんて仕込んで、見栄えに違和感があってもアレなのでね。

もちろん可動は優秀とは言えませんw

次に足。
f0205396_20342324.jpg

太いです、足首から下のサイズも異様とさえ言える大きさですねw
爪先の可動は通常のアーツのような構造とは異なり
これまたボールジョイントで爪先パーツを取り付けてある感じになっています。

さて、ここでこのロックバイソンのサイズを見ていきましょう。
f0205396_20382386.jpg

コレ同スケールのフィギュアなんでっせ(・・;)
しかも言わせていただくとワイルドタイガー自体比較的大柄なヒーローですからね、
そのタイガーがこれほど小さく見えるロックバイソンのサイズがお分かりいただけたかと。

実物は写真で見るより大きく見えますw

次に付属品の手首を見てみましょう。
f0205396_204138100.jpg

「こんなにもデカいか!?」っていう平手が付属。
同スケールの他のフィギュアの手首が3つか4つ…なんなら5つ分くらいの質量がありそうです。

以下、遊んでみました。
f0205396_20433632.jpg

正直なところ遊びにくいですorz
そもそも可動が優秀とは言えないのもそうですが、
腰周りの装飾品なんかもポーズのとらせにくさに拍車をかけています…。

最後に付属の専用台座を見てみましょう。
f0205396_20465413.jpg

f0205396_20471529.jpg

タイバニの雰囲気に合ったデザインで、ちょっと渋めのクリアグリーンが美しいです。
『クリアグリーンの台座』と言うとワイルドタイガーと被っているように思えますが
ロックバイソン付属の台座はワイルドタイガー付属のものより彩度低めになっています。

元々アーツの台座を使うのが苦手な私ですが
ロックバイソンほど巨大になると、ますますどう使って良いか分からなくなりますw
by bobusann | 2015-09-28 20:51 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(2)

【中古レビュー】S.H.フィギュアーツ バーナビー・ブルックスJr.

f0205396_10313321.png

新たにオープンした中古店でタイバニフィギュアーツを大量購入してきたシリーズ第2弾です!

今回は虎徹のパートナー『バーナビー・ブルックスJr.』をご紹介します。
タイバニは主人公が2人ですし、実質物語の中核を担っていたのはバーナビーでしたよね。

ちなみにコチラのバーナビー、1500円で購入しましたm(_ _)m
f0205396_10351547.jpg

f0205396_10355526.jpg

付属品は本体、付け替え用のオプションハンドが1種類(2つ)に専用台座、
右手のロゴが違う交換用パーツにグッドラックモードを再現できる巨大な足です。

ワイルドタイガーの付属品が少数にまとまっていて素晴らしいと思いましたが
バーナビーは更にまとまっています。

では本体を見ていきましょう!
f0205396_10385766.jpg

f0205396_10392382.jpg

f0205396_1039442.jpg

f0205396_10401579.jpg

完成度の高さは流石タイバニフィギュアーツ、
ワイルドタイガーよりも細いスタイルもしっかり再現されています!

デザインのコンセプトがワイルドタイガーと同系統のバーナビーのスーツも
ふんだんに使用あれているクリアパーツが印象的です。

スポンサーロゴのプリントも相変わらずキレイです。
バーナビーには『BANDAI』や『Amazon.co.jp』や『クルセイド』のロゴがプリントされていいます。

次に付属品の交換用パーツと、手首を一気に見ていきましょう。
f0205396_1047076.jpg

まず右手の交換用パーツ。
元々本体に付いているAmazonのロゴを取り外し、クルセイドのロゴに変更できます。
f0205396_1049090.jpg

私タイバニは全話見たはずなのに、このパーツの意味はイマイチ理解できていません(・・;)
作中でAmazonのロゴがクルセイドになった事なんてありましたっけ?
権利の問題であれば、そもそもAmazonのロゴは付属しないでしょうし…謎ですw

手首はシンプル、元々付いている物が握りなので
開いた状態の手首のみが付属しています(正直これくらいの方が無くさなくて良いです)
f0205396_10522563.jpg

そういえばバーナビーの決めポーズって大体手の表情がコレなんですよね。
バーナビーらしい「ハァイ!」もこの手があればいけますし。

バーナビーと言えばお姫様抱っこ、コレもこの手で再現できます!
f0205396_1055322.jpg

バーナビーにお姫様抱っこされてみたいです(ぇ)

グッドラックモード再現用のパーツも見ていきましょう!
f0205396_10572668.jpg

f0205396_10575057.jpg

f0205396_10581080.jpg

知らない人が見たら、マーベルレジェンドのビルドフィギュア的な何かだと思えますよねw

コチラのグッドラックモード用の足、なんとフル可動です!
ヒザはちゃんと二重関節、足首も動きますし
足首の可動を妨げないように装飾部分も単体で可動します。

バーナビーに装着するとこんな感じです。
f0205396_1104548.jpg

f0205396_11162.jpg

ワイルドタイガーの時も申し上げましたが、これ見た目以外何も変化してません(笑)

以下、遊んでみました。
f0205396_1131584.jpg

f0205396_1133840.jpg

いやぁカッコいい!
手元で弄ってるとポーズがガンガン決まります。

最後に付属の専用台座を見てみましょう。
f0205396_1162773.jpg

f0205396_1164758.jpg

タイバニの雰囲気に合ったデザインで、クリアレッドもキレイです。
私まだ2種類しか対馬にフィギュアーツは開封していませんが
早くも複数種類の台座が並ぶ美しい光景を見たくなってきましたw
by bobusann | 2015-09-26 11:08 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(2)

【中古レビュー】S.H.フィギュアーツ ワイルドタイガー

f0205396_219712.png

車で1時間ほどの場所に新しく中古店がオープンしまして
行ってみたら品揃えも良いですし、玩具が安くてですねw

その中でタイバニ系のフィギュアーツが充実していたかつ安かったので
主要メンバーはほぼ全員買ってきました、今回はその中から主人公『ワイルドタイガー』をレビュー!

これ発売当時は即日売り切れ続出で、すぐにプレミア価格がついていたのが記憶に新しいです。
今回はコチラを1500円でゲットしましたm(_ _)m
f0205396_2114354.jpg

f0205396_21142381.jpg

付属品は本体、付け替え用のオプションハンドが2種類(4つ)に専用台座、
それからグッドラックモードを再現できる巨大な腕に、ワイルドシュート再現用パーツが2つ。

手首がゴチャゴチャ7種類も8種類も付属してくるよりも
2種類くらいの方が遊びやすいですし、その他のオプションもコレくらいの数が丁度良いです。

では本体を見ていきましょう!
f0205396_21192639.jpg

f0205396_2120144.jpg

f0205396_21202476.jpg

f0205396_21204349.jpg

プロポーション完璧ですねコレw
デザインもカッコいいですし、独特のカラーリングもキレイな塗装で再現されています!
頭部、両肩、両腕、両膝…等のいたる所に
クリアパーツがふんだんに使用されているのも印象的ですね。

また、タイバニに登場するヒーローに必須のスポンサーロゴのプリントも素晴らしいです。
ワイルドタイガーの右肩には、正にこの商品『S.H.Figuarts』のロゴもプリントされていて
最初からフィギュアーツでの商品化は決まっていたんだろうなぁと勝手に思っています。
他には胸と左肩に『SoftBank』のロゴがあります(ちなみに私はdocomoです)

次に付属品の手首と、ワイルドシュートを一気に見ていきましょう。
f0205396_2130464.jpg

手首は元々付いているものが握り(グー)で
持ち手、自然に開いた感じの手が付属しています。

持ち手と組み合わせる事でワイルドタイガーの両腕に内蔵されているワイヤーガン
『ワイルドシュート』を再現できるパーツも付属しています!
f0205396_213452100.jpg

取り付けは非常に簡単で
 ・腕の一部パーツを取り外す(手首を持ち手に変える)
 ・取り外したパーツにワイルドシュートを取り付ける
 ・取り外したパーツを元の位置に取り付ける(持ち手にグリップを持たせる)
以上です。
パーツを取り外した際にしか見えない部分もしっかりデザインされていて
ちゃんと造形、塗装までされているのには関心せざるを得ないといったところですね。
f0205396_21371353.jpg

スミマセン、今気がついたんですがワイルドシュートの持たせ方コレ違いますね(・・;)
銃のように持たせてしまいましたが、逆手に持つのが正解です…だって説明書ないんですもんw
(記事の最後に追記『ワイルドシュートの正しい持ち方』あります)

とりあえずミスをワイルドにスルーし、グッドラックモード再現用のパーツも見ていきましょう(ぇ)
f0205396_21423444.jpg

コレが何なのか知らない人が見たら「乗り物?」とか思えそうな程大きいです。

コチラは右腕を取り外し、付け替える事でグッドラックモードを再現できます!
f0205396_21451084.jpg

グッドラックモード用の腕は見た目の割に軽く
下手な部位に力を加えると壊れそうな感覚に陥ります…腕の付け替え時は慎重に?

一応見た目の印象がガラッと変わるので、再び本体を一週。
f0205396_21474430.jpg

f0205396_21481974.jpg

f0205396_21484056.jpg

この右腕だけでもかなりの密度の造形、塗装が施されていますし
クリアパーツも本体に負けないレベルに使用されています!

コレで能力に何の変化も無い『飾り』っていう。

以下、遊んでみました(ワイルドシュートの持ち方間違ったままですが)
f0205396_21522680.jpg

これは早くバニーも開けて、おじさんと組み合わせて遊びたいです…!

最後に付属の専用台座を見てみましょう。
f0205396_21535175.jpg

f0205396_21541025.jpg

タイバニの雰囲気に合ったデザインで、クリアグリーンもキレイです。
難点を挙げるとすれば、個人的にフィギュアーツの台座って使いにくいなぁと思う事ですかね。

と言っても足首から下が金属パーツになっていて、そもそも台座無しで自立させやすいので
この台座の上に置くだけという使い方も大いにアリだと思います(台座のアームは脱着可能)



…っていうか
よりによって台座の上に立たせてみた画像までワイルドシュートの持ち方間違っとるやんけ(;゚Д゚)

※追記(ワイルドシュートの持ち方の間違い修正)
f0205396_2223336.jpg

こ れ が 正 し い 持 ち 方 で す (完)
by bobusann | 2015-09-14 22:00 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(2)

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(感想)

・2015/07/04 1回目の観賞
・2015/07/12 2回目の観賞

公開初日に見てきましたよ、マーベルの新作『エイジ・オブ・ウルトロン』!
f0205396_0435544.jpg

残業や休日出勤の可能性で一時は「今日は見に行けないか…」と心配しましたが
なんだかんだで予定していた上映時間(20時00分)に間に合い、見てくる事が出来ました!
上映開始の5分前に入場というギリギリセーフっぷりでしたがねw

余談ですが入場前にドリンクカップを、観賞後にパンフレットを購入しました。
ドリンクカップはアイアンマンかウルトロンを選択できます(私はウルトロンを)
後日レビューしますm(_ _)m

で、レイトショーの時間帯にも関わらず今までで一番人が多かったです(;゚Д゚)
田舎在住なので普段は自分の他に数組しか居ないのが普通なんですが
今日は客席がうまりかけてました…流石アベンジャーズと言ったところでしょうか。



さて、では感想に入っていきましょう!
ここからはネタバレ情報を含むため観賞前の方はご注意ください。

まず私がこういう映画で大切だと思っている『出だし』、
ヒーローのアクションが見たくて劇場に足を運んでいるだけに
そういったシーンにいかに素早くたどり着くかは大きな要素なんです。
今作は素晴らしい事に始まった瞬間既にアベンジャーズが集合して戦っています…!
やはりこういう始まり方だと「分かってるな〜」と思いますね。

ここで登場する新キャラ『クイックシルバー』と『スカーレット・ウィッチ』にも注目です。
別で映画化されているX-MENに登場するキャラを違うカタチでアベンジャーズに持ってきた辺り
面白いと感じる反面、対立しているのかなぁなどと考えてしまいますねw

ストーリーの面にもふれていきましょう。
超簡単に並べると
 ・ロキの杖を奪い返したアベンジャーズ
 ・ロキの杖の力を解析し、人口知能を作り出そうとしたトニー
 ・人口知能は平和を実現(人類を絶滅)させようと動き出した
という話です。
人口知能や地球の平和のために人類を滅ぼそうというのは割とある設定ですが
あえてそういうストーリーを貫きつつ、それが面白いかつまとまっているから凄い!

あらゆる伏線のはり方も秀逸でした!
例えば『速すぎて見えなかった?』という台詞。
元はホークアイを攻撃したクイックシルバーが放った挑発の台詞でしたが
後にホークアイがやり返した時に同じ台詞を言って「上手い」と思わせます。
しかしこの台詞には3回目があり、
それはホークアイを助けて銃弾を受けたクイックシルバーが死に際に放ったものでした。
つまり攻撃的な意味で二度使った台詞を、三度目で感動的な意味での皮肉に使ったわけですね。
そもそもこの台詞がクイックシルバーの死への伏線だと思っていなかっただけに
普通に関心しました(むしろホークアイが死亡フラグをたてまくってたというのも含めて)

そういう意味で言うとムジョルニアとヴィジョンの件も最高でした。
宴会のシーンはソー(相応しき者)以外には決して持ち上げる事ができないという
ムジョルニアの設定を上手く利用したギャグのシーンと思わせておいて、
実は観客にその設定を再度分かりやすく説明していたんですね。
このシーンでは誰も持ち上げる事が出来なかったわけですが
ヴィジョンは簡単に持ち上げていたため「味方なんだ」と理解できるわけです。

『全員が主人公』なのも素晴らしいポイントの1つです。
映画って大体見終わった後に「今作の主役は〇〇だったな〜」なんて思うんですが
今回それを考えた時に
 「ホークアイが主役…あれ、ロマノフかな?
 いやハルクが主役だったな〜え、アイアンマンじゃない?
 あ、アメリカか!
 でもクイックシルバーとスカーレットも主役だったぞ!?」
という事になってしまいましてね(実話)
なんならウルトロンが主役とも言えましたし、ヴィジョンが実質の主役とも思えましたしね。

個人的に推したいのは宴会の後、会場にウルトロンが初めて現れるシーン!
そもそも宴会のシーンが超面白いんですよ、
そんな楽しいシーンの雰囲気を引き裂き一気に劇場が静まり返ります…。
そして現れる廃棄物の集合体。 この不気味さが最高でしたね。

あとウルトロンの台詞。
私は吹き替えで観賞したんですがウルトロンが度々「♪自由ってヤツは」と歌っていて
この歌を間違いなく聴いた事があるなーとはずっと思っていたんですよ。
で、コレ字幕版だと「I,ve Got No Strings(もう糸はいらない)」と言っているそうで
要はディズニーアニメ『ピノキオ』で歌われている歌詞なんですよね…!

そして下調べ等無しで見に行ったのでヴィジョンが登場した事には驚きました(;゚Д゚)
なんというか、登場するキャラクターの幅が広がってきましたね。
サノスもそうですが。

ビジュアル面で言うとホークアイの新コスチュームが最高でした!

ハルクバスターも忘れてはいけない要素ですね。
ハルクVSハルクバスターのシーンは必見…!



まだまだ全て書ききれていないと思うんですが
全て思い出して書いていたらキリが無いので今回はこれくらいで終わろうと思いますm(_ _)m

何かまた思い出したら追記で書きます。
by bobusann | 2015-07-05 01:26 | 映画/アニメ 感想 | Comments(0)


食玩カードの収集を主体に、中古美少女フィギュア漁りやヒーロー映画鑑賞をしたり。更新は不定期!


by ボブギラス

プロフィールを見る

最新の記事

週末日記
at 2017-10-20 20:18
【漫画で商品レビュー】DXト..
at 2017-10-19 18:38
【開封レビュー】神羅万象チョ..
at 2017-10-16 14:30
週末日記
at 2017-10-14 19:13
【漫画で商品レビュー】BCR..
at 2017-10-12 06:03

記事ランキング

最新のコメント

霜月さん、コメントありが..
by bobusann at 19:02
やはりアスモ良いですよね..
by 霜月 at 22:24
よーきーさん、コメントあ..
by bobusann at 18:24
こんにちは。いつも楽しく..
by よーきー at 12:13
霜月さん、コメントありが..
by bobusann at 20:33

カテゴリ

玩具(買い物/貰い物)
ボブラジ(その他ラジオ系)
映画/アニメ 感想
相互リンク先巡回
雑記シリーズ
その他の更新
ボブ工房
オリジナル企画系

タグ

(253)
(215)
(193)
(183)
(142)
(131)
(87)
(76)
(64)
(54)
(52)
(48)
(45)
(32)
(32)
(28)
(25)
(25)
(18)
(16)

ブログジャンル

コレクション
テレビ・ラジオ

検索