タグ:ヒーロー ( 87 ) タグの人気記事

デッドプール…感想!

・2016.06.04 1回目の観賞
・2016.06.17 2回目の観賞

俺ちゃんの感想記事が始まるゾ。

という事で話題の新作映画『デッドプール』が公開されましたね!
『ヒーローっていうか悪役』だったり『読者(観客)の存在に気がついている』といった
かなりアウトロー(?)な要素が多く、予告でもMCUに比べグロテスクな描写が目立ち
実際R15指定という『どうなるか全く分からない』映画として楽しみにしていました…!

以下、ネタバレを含むため閲覧注意です。
f0205396_4255823.jpg

やや、この映画こう見えて『非常にまとまった映画』でした。
観る前に不安だった要素は
 ・ヒーローというか悪役(主役で映画やれるの?)
 ・読者(観客)の存在に気がついている(そういうギャグばっかりにならない?)
 ・MCUと同じマーベル作品なのに、予告がやけにグロかった(本編ではもっとグロ推しなの?)
 ・同系列の映画『X-MEN』シリーズが個人的にあまり好きではない(デップーもそういう作風なの?)
と沢山ありましたし、見た後振り返っても
 ・既に戦いが始まっている場面から映画開始(後からそこに至るまでの説明の回想)
 ・エロシーンあり
と、不規則な要素や個人的に好きではない要素が多々入っていたんですよ。
…にも関わらず!
この映画は見やすい、楽しい、好き!

先述の不規則な要素が多い分、ストーリーの骨格が
『悪の組織に超人にされてしまった主人公が、さらわれた女性を助ける』という
王道極まるものだったので結果的に全てのバランスがとれていたんですねコレ。
これだけ普通じゃない要素が多いと、調子に乗りすぎて悪ノリが目立って
最悪な映画になるというパターンもありえたんですが、ここは完璧でした!

デッドプールである事を活かしたギャグも見事なもので
映画開始一発目の字幕が『おバカ映画の始まりです』、その後も
スタッフをディスりまくる字幕と共に神オープニング映像が展開され…すぐにバトル!
(すぐにバトルっていうかオープニングが実はもう戦闘中)
他に思い出せるだけでも
 ・オープニングにグリーンランタンの写真
 ・「ヒーロー映画って言われて彼氏に連れられてきたのになんで串刺しにしてるの?
  なんかグロくない? って思ったキミは残念だったな、俺はヒーローじゃない。」
 ・「なんでこうなったか教えよう」→(過去回想)
 ・過去回想が映画の最初に追いつき、現在まで早送りする(途中変なのがはさまる)
 ・「音楽スタート!」→BGM開始
 ・良いシーンっぽい場面にファンシーなアニメを合成
等々…エンドロール後の映像なんて傑作で
 ①何故かバスローブ姿のデッドプールが登場。
  「まだ居たの、フューリーとか出てこないから帰りな。
  デッドプール2の予告を待ってるんだろ、予算無いから無理だよ。」
 ②エンドロール再会(数秒)
 ③再びデッドプール登場
  「あ、良いこと教えてやるよ。続編にはケーブルが出てくるんだ」
 ④終
これは『デッドプール2』ありそうですねw
で、実はパンフレットまでデッドプール満載でして
 ・俺ちゃんの部屋にはデッドプールのフィギュアをいっぱい飾っといた。
  どうよ、全部キュートな出来だろ?
 ・X-MENの秘密基地『恵まれし子らの学園』も訪れている(なぜか二人しかいなかったけどな!)
 ・(中の人繋がりで)ヴァネッサと暮らしてた頃はウェポンXIのフィギュアを置いてたりもしたんだ。
 ・(中の人繋がりで)「緑色のコスチュームも、CG合成もイヤだ」って返事が出てきちまったんだ。
 ・コロッサスの紹介欄に矢印付きで『ぶっちゃけCGキャラ(笑)』と書かれている
この他にも物凄い量の情報が記載されています。
「字数が足りないからあとは脚注を書くヤツに任せた」とか言って終わりますからねw

他に登場するヒーローたちも良い奴等でした!
予告を見て「ちょっと不良っぽいチームの話になったら嫌だな」と思っていましたが
正義の味方コロッサスはもちろん、ネガソニックもいい子でしたね。
真面目さが良い方向に作用しない(褒め言葉)コロッサスに
面倒見が良いみたいな要素を与えられていて良かったです。

友人のウィーゼルも予告だけだと「嫌いなキャラかな…。」とか思いましたが
見たらまぁ良いんですわ彼w 
顔がドロドロになったウィルソンを励ますどころか『いかに酷い顔かを熱弁』し
最終決戦前には「俺も行くべきなんだろうけど、行きたくない。」とあっさり意思表示。
でもウィルソンの居場所を聞かれた際には「知らない」とかばい
ヴァネッサとの関係がバレた後もウィルソンに報告、武器の用意を手伝ってくれたりと
『実は良いヤツ』感が出ていて良かったですね…次に死ぬのが誰かという賭けにウィry

他にも書き忘れた事とかあるかもしれませんが、思い当たる限り感想はこんな感じです!
基本的にMCUが好きな私ですが、デッドプールはまた違った面白さの可能性を感じました。
沢山のヒーロー映画が存在する中で、新たなカテゴリが発見できて本当に良かったと思います!
オススメです!
by bobusann | 2016-06-04 23:59 | 映画/アニメ 感想 | Comments(0)

アントマン(Blu-ray&DVD)

作品(漫画、映画…等) レビュー記事一覧に戻る
f0205396_218258.jpg

9月に公開された映画『アントマン』が
早くも本日(1月20日)Blu-ray&DVDになって発売!

『小さくなる』という分かりやすいかつ面白すぎるアクションが楽しめる最高な映画です!
映画そのものの感想はコチラ→映画『アントマン』見てきました!
f0205396_21214625.jpg

今回もエイジ・オブ・ウルトロンに続き『MovieNEX』となっています!

MovieNEXには楽しそうな仕様が沢山あります。
まず『スマホで本編視聴(デジタルコピー)』、これは
スマートフォンやタブレット端末で映画を持ち歩けるサービスのようです!

次に『MovieNEXワールド』。
コチラは特設サイトから限定コンテンツやプレゼント等
様々なスペシャル体験を楽しめるサービスなようです。



さぁ、見返したいシーンが盛りだくさんのアントマン…楽しみまくります!
by bobusann | 2016-01-20 21:35 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

【中古レビュー】DX戦極ドライバー…を1500円で買った。

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_19271938.png

今回は簡単なレビューを1つ。

DX戦極ドライバーの裸売り(1500円)ですm(_ _)m
f0205396_19263218.jpg

袋にすら入っておらず、ロックシードもバロン用プレートも欠品ですが
1500円で鎧武のベルトだけでも再現できるならお得かなぁと購入。

上記の通り、本当に裸売りだったので購入前に
スイッチを入れれば正常に動作する事を確認しました!
f0205396_19295515.jpg

 ・スイッチON(スイッチON時のサウンドが鳴るか確認)
 ・指でスイッチを押して、ロックシード装着時のサウンドが鳴るか確認
 ・操作(剣を動かす)時のサウンドが鳴るか確認
以上の事をクリアできればチェックは大丈夫かなぁと。

また、せっかくなのでプレート無しで各待機音を堪能する方法を模索しました。
f0205396_19343661.jpg

プレートを外すとスイッチが2つあります(赤い丸で囲った部分)
プレートを装着するとスイッチが押される事によって、そのライダーの待機音になるわけです。

パターンは4つ(▽=押さない/▼=推す)
 ・上▽/下▽→鎧武系待機音
 ・上▼/下▽→龍玄系待機音
 ・上▽/下▼→バロン系待機音
 ・上▼/下▼→ブラーボ系待機音
となっています。

で、今回は戦極ドライバーを楽しむべく
中古でバラ売りのロックシードも購入してきましたよ!
f0205396_19403612.jpg

1個100円!
3個200円!!
5個400円!!!

もちろんDX版ではなく、食玩やガシャポン版のロックシードですが。

正直詳しくはないのですが、DX版とそうでない物の違いは
 ・解錠時に音が鳴らない(後ろのボタンを自分で押す事で解錠サウンド発動)
 ・ベルトに装填し、普通に操作するだけでは変身音は鳴らない
  (DX版以外は順番に音が鳴る仕組みなので、1度押してから変身プロセスを行う必要あり)
といったところでしょうか?

コチラですね。
f0205396_19473539.jpg

赤い丸で囲ったボタンを押すと

 ・1回目→解錠サウンド(例.ピキューン、パイン!)
 ・2回目→変身音(例.プシャー…パインアームズ、粉砕デストロイ!)
 ・3回目→必殺技音声(この時、ボタンを押した回数によって音声が3段階に変化)
※3回目で1回→必殺技01(例.パインスカーッシュ!)
※3回目で2回→必殺技02(例.パインオーレ!)
※3回目で3回以上→必殺技03(例.パインスパーキング!)
 ・4回目→各アームズに対応した台詞(例.ぶんぶん回せ!)

というサウンドが鳴り響きます!
つまり食玩版やガシャポン版を使用して戦極ドライバーで正しく遊びたい時は
ベルトに装填する前にロックシードのボタンを1回押し解錠サウンドを発動させなければ
変身音が鳴るタイミングで解錠サウンドが発動してしまうわけです(・・;)

ただし上記の事さえ気をつければ、安価で変身遊びができます!
f0205396_19585335.jpg

以上、1500円のDX戦極ドライバー裸売りのレビューでしたm(_ _)m
by bobusann | 2015-12-17 19:59 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

ゴーストチェンジシリーズGC05 ツタンカーメンゴースト&ノブナガゴーストセット

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_14432883.png

仮面ライダーゴーストの変身シークエンスを完全再現できる『ゴーストチェンジシリーズ』より
第5弾となる『ツタンカーメンゴースト&ノブナガゴーストセット』が発売されました!
(厳密には仮面ライダースペクター仕様の商品ですが、ゴーストにも着せられます)

幽霊に見立てたコートを着る事で姿が変わる仮面ライダースペクター。
今回は素体(仮面ライダースペクター本体)は付属せず、コート2つのセットとなっています。

では見ていきましょう!
f0205396_1447937.jpg

付属品は
 ・ツタンカーメンゴースト
 ・ノブナガゴースト
 ・ガンガンハンド(銃モード)
 ・ガンガンハンド(鎌モード)
 ・ゴースト台座×2
となっています。
ガンガンハンド銃モードと鎌モードは
先端にコブラケータイが付いているかいないかだけの違いなので
パーツの付け替え式にした方がコストも浮いたでしょうに、ポロリ対策のためか
しっかり一体成型の物が2つ付属していて密かに感心しています。

ではまず台座を組み立ててみましょう。
f0205396_18411496.jpg

まぁ組み立てると言っても、底と本体をくっつけるだけなんですがねw
台座には本編にも登場する壁画(?)のようなモールドも彫られていて見栄えが良いです。

ではツタンカーメンゴーストを見ていきましょう。
f0205396_14514812.jpg

f0205396_1452898.jpg

エメラルドグリーンと金色の組み合わせが不気味な雰囲気を出しています。
ロビンゴーストも緑&黄色という非常に近い色の組み合わせながらも
僅かな色味の違いでこうも印象が変わるものかと考えさせられますね。

で、このツタンカーメンゴースト…初の腕無しです(;゚Д゚)

このツタンカーメンゴーストを変形!
f0205396_1456814.jpg

ツタンカーメンゴーストの顔が上を向くように動かしていくと
仮面ライダースペクター ツタンカーメン魂の顔が出てきます。

手が無いのでコレで変形終わりです。

そして本体に装着!
f0205396_14591023.jpg

ツタンカーメンゴーストの顔と本体の顔が重なるように装着し、肩のジョイントを固定します。

完成、仮面ライダースペクター ツタンカーメン魂!
f0205396_1501313.jpg

f0205396_150311.jpg

f0205396_1504819.jpg

f0205396_151575.jpg

ゴースト状態で既に腕が無いので、当然本体に装着後も可動を妨げようがありません。

更に今回も固定されている顔のパーツを外す事ができるため
首の可動を実現させる事が可能、GCシリーズ史上最高に動く形態なのではないでしょうかw

そして顔のデザインのモチーフなんですが
ツタンカーメン魂の顔は何が描かれているのかよくわからないんですよね(・・;)
この下向きの矢印(↓)みたいなのは一体何を表しているんでしょう?

ツタンカーメン魂用の付属武器『ガンガンハンド(鎌モード)』も見てみましょう。
f0205396_1554064.jpg

成型色1色かつ、それがエメラルドグリーンです(゚Д゚)
なんなら黒1色の方が作中イメージに近かったんですがね。

また、ガンガンハンドは持ち手が基本的に太いので
持たせてガシガシ動かして遊ぶお子様には不向きかもしれませんね。

以下、ツタンカーメン魂で遊んでみました。
f0205396_1572547.jpg

鎌を持った仮面ライダーって今考えると斬新ですよね
少なくともパッと頭には浮かんできません。

次にノブナガゴーストを見ていきましょう。
f0205396_15105971.jpg

f0205396_15112026.jpg

ラスボス感が漂う紫と金色の組み合わせが存在感ありまくりです。
そのうえ胸や肩は硬そうな甲冑風デザインに、首元には強そうなエリがあり、
チョンマゲ風パーツやマントまで付いています。

腕がマントなのでヒジに可動が無いタイプのゴーストになりますが
腕の付け根は動くのでムサシゴーストタイプよりはマシといった感じでしょうか。

こノブナガゴーストを変形!
手順は上で既にご紹介したツタンカーメンと実質一緒ですが、もう一度。
f0205396_15155467.jpg

ノブナガゴーストの顔が上を向くように動かしていくと
仮面ライダースペクター ノブナガ魂の顔が出てきます。

腕は変形無しで、そのまま本体に取り付ける事になるので
腕が無いツタンカーメンゴーストと変形手順は同じというわけです。

そして本体に装着!
f0205396_15173263.jpg

ノブナガゴーストの顔と本体の顔が重なるように装着し、肩のジョイントを固定します。

完成、仮面ライダースペクター ノブナガ魂!
f0205396_15183121.jpg

f0205396_15191752.jpg

f0205396_15201690.jpg

f0205396_15203556.jpg

ゴーストの時点で強そうでしたが、本体に装着すると
腕だった部分が本体の腕を覆うマントになるので大きい印象が増します。

もちろん上でご紹介したツタンカーメン同様、顔のパーツを外す事で
首の可動を確保できるようになっています。

ノブナガ魂の顔は、紫色の火縄銃2つが交わって黒い部分が目に見えています。

ノブナガ魂用の武器『ガンガンハンド(銃モード)』も見てみましょう。
f0205396_15262917.jpg

記事の最初の方で書いた通り、鎌モードからコブラケータイを外しただけですw
恒例の成型色1色ですが、それが黒でもノブナガ本体に合わせた紫でもなく
まさかのツタンカーメンカラー(エメラルドグリーン)です(゚Д゚)

以下、ノブナガ魂で遊んでみました。
f0205396_15292641.jpg

遠距離武器を使う形態がやけに増えてしまった事と
ガンガンハンドの持たせにくさが合わさって、ポージングもやや子供には難しそうな感じに。

しかしラスボス感漂うノブナガ魂が大型の武器ガンガンハンドを手に持つ姿は強そうです!

最後に、恒例の『色々な物にゴーストを着せてみました』をどうぞ。
f0205396_15314585.jpg

by bobusann | 2015-12-05 15:32 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(2)

【中古レビュー】DXオーズドライバー…を980円で買った。

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_21351987.png

今回は簡単なレビューを1つ。

DXオーズドライバーの裸売り(980円)ですm(_ _)m
f0205396_21363099.jpg

メダルこそ付属しないものの
スキャナー込みで980円は凄いです…!

更にメダル入れやベルト止めも付いています。

スキャナーは電池が抜かれた状態だったので
電池を入れて起動する必要があります(単四を3つ)
f0205396_21384338.jpg

ライト&サウンド共に正常でした!
正直、発光ギミックが死んでいたり音声が酷い事になっていたりを
覚悟していましたが見たところどちらも異常は無いようです。

でもコレだけじゃ遊べないですよね…という事で!
f0205396_21405683.jpg

1枚100円で売っていた別売りのコアメダルも3枚買ってきました!
チョイスはオーソドックスな『タカ』『トラ』『バッタ』の『タトバコンボ』です。

メダルをセットしてスキャナーでスキャン!
f0205396_21422358.jpg

読み込みも正常でした!

既に書いた通り、メダルは1枚100円で売っていたので
他のコンボも揃えてみたら面白いかもしれません。

メダル入れも見栄えが良いです!
f0205396_21441143.jpg

以上、980円のDXオーズドライバー裸売りのレビューでしたm(_ _)m
by bobusann | 2015-11-30 21:45 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(2)

ゴーストチェンジシリーズGC04 ロビンゴースト&ビリー・ザ・キッドゴーストセット

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_16384636.png

仮面ライダーゴーストの変身シークエンスを完全再現できる『ゴーストチェンジシリーズ』より
第4弾となる『ロビンゴースト&ビリー・ザ・キッドゴーストセット』が発売されました!

幽霊に見立てたコートを着る事で姿が変わる仮面ライダーゴースト。
今回は素体(仮面ライダーゴースト本体)は付属せず、コート2つのセットとなっています。

では見ていきましょう!
f0205396_16394899.jpg

付属品は
 ・ロビンゴースト
 ・ビリー・ザ・キッドゴースト
 ・ガンガンセイバー(アローモード)
 ・ガンガンセイバー(ライフルモード)
 ・バットクロック(ガンモード)
 ・ゴースト台座×2
となっています。
アローモード/ライフルモード共にガンガンセイバーにガジェットが合体した形態なため
質量的には前回のゴーストセット(ムサシ&エジソン)よりも付属品は多いんですかね?

そうじゃなくてもロビンは袖&両肩の飾りが存在し
ビリーに至っては初の長袖なのでパーツ数が多いです(まぁ微々たる差ですがねw)

ではまず台座を組み立ててみましょう。
f0205396_18411496.jpg

まぁ組み立てると言っても、底と本体をくっつけるだけなんですがねw
台座には本編にも登場する壁画(?)のようなモールドも彫られていて見栄えが良いです。

ではロビンゴーストを見ていきましょう。
f0205396_16465088.jpg

f0205396_16472558.jpg

緑主体に黄色が入ったカラーリングが爽やかな印象ですね。
腕は袖+ムサシのような軟質パーツという独特の組み合わせになっています。

腕がまるごと軟質パーツという事は、つまりポーズをとらせて固定はできません。
上の画像のように手で持って曲げて遊ぶのが限界でしょうか(・・;)

このロビンゴーストを変形!
f0205396_16522850.jpg

ロビンゴーストの顔が上を向くように動かしていくと
仮面ライダーゴースト ロビン魂の顔が出てきます。

次に手。
f0205396_16531420.jpg

ロビンゴーストの手だった部分は、肩の飾りになります。

そして本体に装着!
f0205396_16533814.jpg

ロビンゴーストの顔と本体の顔が重なるように装着し、肩のジョイントを固定します。

完成、仮面ライダーゴースト ロビン魂!
f0205396_16542745.jpg

f0205396_16544756.jpg

f0205396_1655317.jpg

f0205396_16552060.jpg

ムサシ以降では初の長い軟質飾りパーツが付く形態ですが
別で半袖が存在している事と、カラーリングの違いで大分ムサシとは違った印象になっています。

今回も固定されている顔のパーツを外す事ができるため
首の可動を実現させる事が可能です!

ロビン魂の顔は、緑色の弓矢が描かれて黒い部分が目に見えています。

ロビン魂用の付属武器『ガンガンセイバー(アローモード)』も見てみましょう。
f0205396_1701090.jpg

成型色1色ですが、それが緑色というブレイブな事になってます(;゚Д゚)
なんなら黒1色の方が作中イメージに近かったんですがね、何故緑になったんでしょう。

また、ガンガンセイバー(アローモード)は厳密には
ガンガンセイバー(ガンモード)に『コンドルデンワー』が合体した物になります。
無塗装なものの、造形の細かさは素晴らしいので塗ろうと思えば塗れそうな感じです。

以下、ロビン魂で遊んでみました。
f0205396_1732938.jpg

弓矢は決まった姿勢でしっかりかまえて矢を放つ武器ですからね、
ポージングにバリエーションがあるかと言われれば微妙なところですw

次にビリー・ザ・キッドゴーストを見ていきましょう。
f0205396_1754474.jpg

f0205396_176516.jpg

まず言いたいのは名前が長い!
『ビリー魂』にするわけにはいかなかったんでしょうか(・・;)

茶色主体に白を散りばめるという
なかなか主役ライダーに持ってこられない色合いになっています。

初の長袖ゴーストでもありますし、何かと従来のゴーストとの違いが見受けられます。

ビリーは上記の通り長袖で、ヒジに可動があるため
これまでのゴーストで最もポーズをつけやすいと言えるでしょう。

このビリー・ザ・キッドゴーストを変形!
手順は上で既にご紹介したロビンよりも簡単ですが、もう一度。
f0205396_17111020.jpg

ビリー・ザ・キッドゴーストの顔が上を向くように動かしていくと
仮面ライダーゴースト ビリー・ザ・キッド魂の顔が出てきます。

…これで終わりです。
そう、どのみち長袖なビリーは変形手順が他のゴーストより少ないんです!

そして本体に装着!
f0205396_17133871.jpg

ビリー・ザ・キッドゴーストの顔と本体の顔が重なるように装着し、肩のジョイントを固定します。

完成、仮面ライダーゴースト ビリー・ザ・キッド魂!
f0205396_17143212.jpg

f0205396_17145161.jpg

f0205396_1715959.jpg

f0205396_17152578.jpg

フードの上に帽子をかぶったような頭部の形や
西部を感じさせるデザインが独特の雰囲気を醸し出します。

もちろん上でご紹介したロビン同様、顔のパーツを外す事で
首の可動を確保できるようになっています。

ビリー・ザ・キッド魂の顔は中心にリボルバー(銃弾の跡?)が、
そしてその周りにガラスが割れたような模様が描かれ黒い部分が目に見えています。

ビリー・ザ・キッド魂用の武器『ガンガンセイバー(ライフルモード)』と
『バットクロック(ガンモード)』も見ていきましょう。
f0205396_1720124.jpg

小さい方がバットクロックが単体で変形した『バットクロック(ガンモード)』で
大きい砲がバットクロックとガンガンセイバー(ガンモード)が合体した
『ガンガンセイバー(ライフルモード)』です、成型色の茶色1色となっています。

以下、ビリー・ザ・キッド魂で遊んでみました。
f0205396_17222315.jpg

二丁拳銃でポージングさせるも良し、
ライフル1つに合体させてポージングさせるも良し。

ただし長袖の仕様でややポーズをつけにくい事があります。

最後に、恒例の『色々な物にゴーストを着せてみました』をどうぞ。
f0205396_17261789.jpg

by bobusann | 2015-11-22 17:26 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

【中古レビュー】謎の藤岡弘

f0205396_19445816.png

中古店という名のジャングルの奥地、我々はとんでもない物を発見した。

まずはコチラをご覧いただきたい。
f0205396_19464393.jpg

f0205396_19465740.jpg

一見、何の変哲も無いスーパーマンのフィギュアである。
しかし我々は得体の知れない胸騒ぎがするのを認めざるを得なかった…。

そう、このフィギュアの顔を見てほしい。
f0205396_19495366.jpg

この顔は紛れも無く我らが隊長、藤岡弘のそれではないか…!

隊長は一体スーパーマンの格好をして何をしているのだろう?
その答えは謎に包まれたままだが、とりあえずこのフィギュアをレビューしていこうと思う。

まず我々は、このフィギュアの可動を見てみる事にした。
f0205396_19515989.jpg

首が回る、真っ直ぐカットされているので変な角度に曲がる事は無い。

そして腕は付け根が回転するがヒジや手首は動かない、
更にヒジには既に左右非対称の角度で固定されているので同じようなポーズしかとれないのである。

足も同様、付け根が動くがヒザや足首は固定されている。

驚くべき事に腰が動く事も発覚した。

最たるは足裏の穴、コレはfigmaのスタンドにも対応していたのである…!
藤岡弘隊長が、我々がポーズ付けしやすいようにと道を指し示してくれたのだ。

次にサイズを見てみよう。
f0205396_19574792.jpg

何にも合わないサイズである。
一体こんなサイズのフィギュアが何とからめて遊べるのか…。

諦めかけたその時…!
f0205396_19593616.jpg

隊員の部屋にあったミスターシニスターが奇跡的に同じサイズだったのだ!
これは藤岡弘隊長がアメコミキャラになりきっている証拠だと言うのだろうか。

ここで我々は1つ気がついてしまった。
f0205396_2014094.jpg

隊長は右手で何かを持とうとしている…!!
左手は完全に握っているというのに、右手だけは何かを持てるようになっているのだ。

余談だが、先程登場したシニスターも右手だけ同じように何かを持てるようになっていた…。
どうやら隊長は完全にアメコミキャラになりきっている。

隊長がそれほどの覚悟でスーパーマンになりきっているのなら
我々も手助けを惜しむつもりはない、付属していたマントを装着し完全なスーパーマンにしよう。
f0205396_2053046.jpg

f0205396_2054455.jpg

その雄々しさ、神々しさに我々は息をのんだ。
この姿は正にスーパーマン…いや、やはり藤岡弘にしか見えないのである。

最後に、やはり藤岡弘にはバイクが似合うという事で乗ってもらった。
f0205396_2082226.jpg

by bobusann | 2015-11-12 20:09 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

ゴーストチェンジシリーズGC03 仮面ライダースペクター

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_18511254.png

仮面ライダーゴーストの変身シークエンスを完全再現できる『ゴーストチェンジシリーズ』より
第3弾となる『仮面ライダースペクター』が発売されました!

早くも登場した2号ライダーですが、ゴースト同様
幽霊に見立てたコートを着る事で姿が変わります。

では見ていきましょう!
f0205396_18574646.jpg

付属品は
 ・仮面ライダースペクター本体
 ・スペクターゴースト
 ・ガンガンハンド(ロッドモード)
です。
オレ魂の時と同じ『初回遊べるセット』と呼べる商品ですね。

では本体を見ていきましょう。
f0205396_1901676.jpg

f0205396_1903529.jpg

f0205396_1905551.jpg

全身のマーキングが青く、心電図のようなパターンになっています。
胸のクリアパーツ下の眼のマークもゴーストと若干違うスペクター仕様です。

それ以外は仮面ライダーゴースト本体と同じく
可動&プロポーションを両立した素体となっていて
 ・首はボールジョイント
 ・腕の付け根は縦にも横にも可動
 ・二の腕は回転可能
 ・肘は90度曲がる
 ・指は2本ずつ可動
 ・腰は回転可能
 ・足の付け根は縦にも横にも可動
 ・太股は回転可能
 ・ヒザは90度以上曲がる
 ・足首はボールジョイント
となっています。

また、複数の部位に透明なクリアパーツが使用されている他に
黒い部分もよく見るとクリアブラックの成型色になっています。

次にスペクターゴーストを見ていきましょう。
f0205396_197581.jpg

f0205396_1972610.jpg

本体カラーと同じ、黒と青のゴースト。
構造はオレゴーストと同じでポーズもつけやすい物になっています。

装着時の顔(仮面ライダースペクターの顔)以外オレゴーストの金型流用かと思いきや
エリのデザインが違ったり、頭の上のフードのラインが微妙に違ったりします。

また他のゴースト同様、本体に装着させやすいよう
脇腹にあたる部分が腕を通す位置まで縦に切れています。

このスペクターゴーストを変形!
f0205396_19121958.jpg

スペクターゴーストの顔が上を向くように動かしていくと
仮面ライダースペクターの顔が出てきます。

次に手。
f0205396_19132714.jpg

スペクターゴーストの手だった部分は、肩の飾り(ベルト)になります。

そして本体に装着!
f0205396_19142592.jpg

スペクターゴーストの顔と本体の顔が重なるように装着し、肩のジョイントを固定します。

完成、仮面ライダースペクター!
f0205396_19155532.jpg

f0205396_19161676.jpg

f0205396_19163612.jpg

f0205396_1917110.jpg

2本角に怖い顔、スペクターという名が示す通り『恐ろしい』雰囲気ですね。

青メインのカラーリングは同番組に『仮面ライダーゴースト ニュートン魂』も登場し
ニュートン魂は主人公ライダーのフォームの1つである味方感が演出されているのに対し
見事にスペクターの青は悪役感、クールさを醸し出す事に成功しています。

そのままだと首の可動が失われますが
お馴染みの対処法は健在です!
f0205396_19255112.jpg

上の画像の赤丸の部分を外す事で首が動くようになります!
ただし正規の遊び方ではないので破損に注意して自己責任で行なってくださいm(_ _)m
(パッケージの写真も何枚かこの方法で首に角度を付けているっぽいものがありますが)

コツは
 ・外す時は一度普通に本体とゴーストを合体させてから
  フードの部分を後頭部に向けて引っ張る
 ・戻す時は本体とゴーストを分離してから戻そうとすると難しいので
  合体させたままフードの後ろの長方形の穴からジョイントを確認しながら戻す
と良いです。

付属の武器も見てみましょう。
f0205396_19312243.jpg

ガンガンハンド(ロッドモード)です。
名前の通り手の形をしていますが、コレで何かを掴むアクションがあるのかは不明です。

また、登場してすぐに変形した『ガンガンハンド(銃モード)』や
ガジェット『コブラケータイ』と合体した『ガンガンハンド(鎌モード)』もお披露目されました。

ガンガンセイバーのリデコというかマイナーチェンジ的なアイテムかと思っていましたが
比較にならない程長く、ガンガンセイバーと共通のパーツらしき部位も見当たりません。

成型色の黒一色となっています。

以下、遊んでみました。
f0205396_19372320.jpg

f0205396_19374491.jpg

f0205396_1938848.jpg

by bobusann | 2015-11-09 19:38 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(Blu-ray&DVD)

作品(漫画、映画…等) レビュー記事一覧に戻る
f0205396_18242457.jpg

7月に公開された映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』が
早くも本日(11月4日)Blu-ray&DVDになって発売!

盛り上がり所が多く、コアなファンのみならずライトな層も本気で楽しめる最高な映画です!
そんな映画そのものの感想はコチラ→アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(感想)
f0205396_1829223.jpg

f0205396_18293767.jpg

今回も色々な種類が出ていて、確認できる限りだと
 ・Blu-ray&DVD(MovieNEX)
 ・Blu-ray&DVD(MovieNEX)+3D
の2種類、他にAmazon限定のおまけ付きなんかがあるようです。
(今回購入してきたのは3D無しの通常版)

MovieNEXには楽しそうな仕様が沢山あります。
まず『スマホで本編視聴(デジタルコピー)』、これは
スマートフォンやタブレット端末で映画を持ち歩けるサービスのようです!

次に『MovieNEXワールド』。
コチラは特設サイトから限定コンテンツやプレゼント等
様々なスペシャル体験を楽しめるサービスなようです。



いやぁ
この映画は何度も見たいシーンが沢山ありすぎて
どこから見ようか今から楽しみで仕方がありません(笑)

そういえば魂ネイションに行った方のツイートを拝見したところ
フィギュアーツでホークアイ&ブラックウィドウが発売されそうっぽいんですよね…!
映画館で買ったパンフレットにも『S.H.Figuarts ASSEMBLE 7.25』と大々的に載っていたものの
クリントとナターシャの姿は無く、他社の同スケールフィギュアも2人をさけたラインナップを展開…。
もう2人の発売は諦めるしかないのかと思っていただけに、発売の兆しは嬉しいです!
(でもウェブ限定だったりしたら絶望ですけどね)
by bobusann | 2015-11-04 18:48 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

SHODO仮面ライダーVS 04.アポロガイスト

仮面ライダー玩具 レビュー記事一覧に戻る
f0205396_2084060.png

ボブの『コレが欲しかった』が実現したような食玩『SHODO仮面ライダーVS』より
今回はラインナップ04、アポロガイストをご紹介しますm(_ _)m
f0205396_2010560.jpg

f0205396_20102490.jpg

箱を開けると、フィギュを構成するパーツや台座等が1つの袋に入っています。
(他にラムネも入っています)

ではアポロガイストを組み立てていきましょう!
f0205396_20115161.jpg

マントを首にかけた状態で、挟み込むように頭部を取り付けます。
f0205396_20131823.jpg

付属する右手2種類、左手2種類の中からどれかを選択し、取り付けます。
(そのまま使用できる握り手or組み立てが必要な武器用の手)

また、余った手は台座に取り付けておく事が可能です。

これでアポロガイストの完成です!
f0205396_20163331.jpg

この状態ではまだ足りませんよねw

という事で武器持ちの手を組み立てていきましょう!
f0205396_20175065.jpg

f0205396_20192578.jpg

アポロショットもシールドも、一体成型でグリップを握っている手に取り付けて完成です。

過去のほぼ同スケールのフィギュア『MRS』の付属武器は成型色の黒1色でしたが、
SHODOの付属武器は塗装が施されているため見栄えが良いですね。

本体に取り付けて、今度こそ普段目にするアポロガイストの完成です!
f0205396_202220100.jpg

f0205396_20225190.jpg

黒のスーツに赤いアーマー、そして白いマントというヒーローそのものの配色ながらも
ちゃんと敵に見える不思議なデザインが魅力的なアポロガイスト。
…いや、昭和特撮にはこういうデザインのヒーローも沢山いますね(どっちやねん)

プロポーションも造形も塗装も素晴らしいです。

この通称『ミクロマンサイズ』は
ミクロマンや海外映画のベーシックフィギュアと組み合わせて遊べる
個人的にアクションフィギュアの中で最も好きな大きさです。

ではこのSHODOがどれほど動くのか見てみましょう。
f0205396_20271173.jpg

首はボールジョイントで、かなり優秀です。
ただしマント付きだと干渉し、本来の可動をかなり妨げます。

腕も付け根がボールジョイント、二の腕にも可動(回転)がありヒジも90度以上曲がります。
腕は付け替えできる位置で回転可能なので、実質手首が回転する事になります。
f0205396_20293317.jpg

胸にも可動があり、これもなかなか動きます。

…が、やはりマントが干渉し本来の可動をかなり妨げます(・・;)
f0205396_20304478.jpg

お分かりいただけるでしょうか?
ふくらはぎにマントが干渉し、もっと仰け反れるのを妨げています。

しかしポージングさせる時、そんなに仰け反らせる事も無いので良しとしましょうか(ぇ)
f0205396_20324137.jpg

足は付け根がボールジョイント。
しかも食玩フィギュアにも関わらず、そのすぐ下(太股)に可動(回転)があります。

ヒザも90度以上曲がり
足首もボールジョイントかつ、動かしやすい形に設計されています。

総括するとSHODOアポロガイストの可動は
『凄く良く動くけどマントが大体の可動を邪魔する』といった感じですねw

以下、遊んでみました。
(別売りの仮面ライダーXの手を使用している画像が混じっています)
f0205396_20354535.jpg

武器持ちと握り手しか付属しないアポロガイストですが
別売りのXの手を使用する事で、より様々なポーズを楽しむ事ができます。
(ただし手の甲の造形に違いがあります)

で、遊んでるうちにマントを取ってライドルを持たせるとカッコいい事に気がついたんですよ!
f0205396_20385414.jpg

f0205396_20391331.jpg

f0205396_20393534.jpg

f0205396_20395543.jpg

f0205396_20401545.jpg

by bobusann | 2015-10-31 20:40 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)


食玩カードの収集を主体に、中古美少女フィギュア漁りやヒーロー映画鑑賞をしたり。最近は毎週月、木、土曜日に更新中!


by ボブギラス

プロフィールを見る

最新の記事

週末日記
at 2017-08-19 21:07
【開封レビュー】Guarde..
at 2017-08-17 05:57
【開封レビュー】Guarde..
at 2017-08-14 05:48
週末日記
at 2017-08-12 06:04
【漫画で商品レビュー】ガシャ..
at 2017-08-10 19:12

記事ランキング

最新のコメント

霜月さん、コメントありが..
by bobusann at 19:20
ついに発売しましたね、待..
by 霜月 at 09:37
霜月さん、コメントありが..
by bobusann at 18:08
コンプリートおめでとうご..
by 霜月 at 07:36
通りすがりさん、コメント..
by bobusann at 19:11

カテゴリ

玩具(買い物/貰い物)
ボブラジ(その他ラジオ系)
映画/アニメ 感想
相互リンク先巡回
雑記シリーズ
その他の更新
ボブ工房
オリジナル企画系

タグ

(249)
(205)
(186)
(183)
(142)
(131)
(87)
(76)
(64)
(53)
(49)
(48)
(37)
(32)
(32)
(28)
(25)
(23)
(18)
(16)

ブログジャンル

コレクション
テレビ・ラジオ

検索