タグ:タートルズ ( 6 ) タグの人気記事

ミュータントタートルズ(2015) ブルーレイ+DVDセット

作品(漫画、映画…等) レビュー記事一覧に戻る
f0205396_19234248.jpg

2015年の映画『ミュータントタートルズ』のブルーレイ&DVDが本日発売!
ちなみに、私が生まれて初めて『今までで一番面白かった』という言葉を使った映画です。

映画そのものの感想はコチラをご覧下さい→映画『ミュータントタートルズ(2015)』見てきました!
f0205396_19242915.jpg

f0205396_192586.jpg

今回買ってきたのは『ブルーレイ+DVDセット』で、最もスタンダードな商品になります。
他には
 ・3D&2Dブルーレイセット
 ・ブルーレイ+DVD ラファエロBOX
という物があります。
詳しくは公式サイト等をご覧くださいm(_ _)m

それにしても、今日という日を心待ちにしていました…!
そもそも幼少時代タートルズにハマりまくっていたボブですが
今回の新しい実写版も死ぬ程ハマってしまいましたね(映画館で3回見ました)
f0205396_19254539.jpg

壁にはベーシックフィギュアも並んでいますw

以下、今作のベーシックフィギュアのレビュー記事一覧ですm(_ _)m
(画像をクリックするとレビューが見れます)
f0205396_15155074.png

f0205396_15565052.png

f0205396_1504726.png

f0205396_14552631.png

by bobusann | 2015-06-10 19:17 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

映画版レオナルド(ミュータントタートルズ/ベーシックフィギュア)

f0205396_15155074.png

映画版タートルズのベーシックフィギュアの中から今回はレオナルドをご紹介!
コレは東京に居るレンジマン(従兄弟)に買って送ってもらいました、ありがとう!
・映画版ラファエロはコチラ!
・映画版ミケランジェロはコチラ!
・映画版ドナテロはコチラ!

映画版のフィギュアにもいくつか種類がありますが
Amazonで『ベイシックフィギュア』とされているシリーズです。
パッケージ下の日本版の表記(シール)には『フィギュアコレクション 映画版レオナルド』と書かれています。
f0205396_15171896.jpg

セット内容は
 ・レオナルド×1
 ・刀×2
 ・さや×1
というシンプルな仕様。
圧着式のブリスターなので一度開けると完全に元には戻せなくなります。

本体を見ていきましょう。
f0205396_15183475.jpg

f0205396_1518492.jpg

f0205396_1519265.jpg

f0205396_15192096.jpg

f0205396_15193867.jpg

f0205396_15195325.jpg

今回の実写版のデザインは全員大胆なアレンジが加わっていますが
その中で最も原作通りの顔なのはレオナルドなのではないでしょうか?

すだれのような物を胸当てのようにしているのが印象的でしたが
フィギュアでもしっかり再現されています。

サイズも見てみましょう。
f0205396_15322924.jpg

お馴染み『何と絡めて遊べるの』サイズです。

次に付属の『さや』を背中に取り付けてみましょう。
f0205396_1526103.jpg

f0205396_15262963.jpg

f0205396_15265063.jpg

刀2本分のさやが一体成型で再現されています。

付属の刀2本をさやに収める事が可能です。
f0205396_15295047.jpg

f0205396_1530633.jpg

刀はさやに収められるだけではなく、もちろん手に持たせる事が可能です。
f0205396_1531384.jpg

以下、動かしてみました。
f0205396_15315927.jpg

動かせる場所や範囲は他のラインナップと変わらないと思うんですが
武器が『刀』になった途端、他のタートルズよりポーズ付けが楽になりました!

とは言え、相変わらず腰と手首に可動が無いのでポーズの数には限りがありますがね(・・;)



という事で映画版タートルズのベーシックフィギュアより、レオナルドのレビューでしたm(_ _)m
リボルテックでもフィグマでも良いので
良く動く映画版タートルズのフィギュアが出る事を祈りますw
by bobusann | 2015-03-05 15:37 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

映画版ラファエロ(ミュータントタートルズ/ベーシックフィギュア)

f0205396_15565052.png

映画版タートルズのベーシックフィギュアの中から今回はラファエロをご紹介!
コレは東京に居るレンジマン(従兄弟)に買って送ってもらいました、ありがとう!
・映画版レオナルドはコチラ!
・映画版ミケランジェロはコチラ!
・映画版ドナテロはコチラ!

映画版のフィギュアにもいくつか種類がありますが
Amazonで『ベイシックフィギュア』とされているシリーズです。
パッケージ下の日本版の表記(シール)には『フィギュアコレクション 映画版ラファエロ』と書かれています。
f0205396_1558446.jpg

セット内容は
 ・ラファエロ×1
 ・サイ×2
というシンプルな仕様。
圧着式のブリスターなので一度開けると完全に元には戻せなくなります。

本体を見ていきましょう。
f0205396_15593962.jpg

f0205396_16001.jpg

f0205396_1601528.jpg

f0205396_160346.jpg

f0205396_1605545.jpg

f0205396_1611340.jpg

映画版のタートルズのフィギュアは全員体型が異なりますが、
このラファエロは最もマッシブに造形されているタートルズです。

また、作中の台詞にもありましたが『背中のヒビ』も再現されています!

可動は例によって残念な感じです…。
いっそ足の付け根は動かないものと思った方が良いです(・・;)
(腰の飾りに押し戻される感じ…?)
で、そうなると足首に可動が無いため膝の可動も使い道が無いですよね。

足の可動がほぼ使えないとして、腰には可動が存在すらしません…。
つまり、いくら腕と肘が動いてもポーズは決まりません(手首に可動が無いですし)

サイズも見てみましょう。
f0205396_1671911.jpg

『他の物と組み合わせて遊ぶのは不可能そうなサイズ』ですねorz

次に付属武器『サイ』を見ていきましょう。
f0205396_1683788.jpg

ラファエロと言えばコレですよね!

ちなみに、リーチが短く一見すると強そうに見えないサイですが
『相手から武器を取り上げる』、『殴る』、『突き刺す』等、あらゆる事が可能なんだそうです。

持たせ方も色々。
f0205396_16114764.jpg

普通に持たせる、逆手に持たせる事が出来る他に
指の間を通して持たせる事も可能です(パンフレット等では指の間を通す持ちかた)

手首に可動が無いので、色々な持たせ方をできるのは助かりますw

以下、動かしてみました。
f0205396_16175255.jpg

正直に言ってしまうと
 「コレならいっそ非可動フィギュアとして関節が無い方が良かったのでは」
と思ってしまうところです(・・;)
日本製のアクションフィギュアならなんとかなったんでしょうが、どうにも可動が残念すぎて…。

一般的なベーシックフィギュア(ミクロマンサイズ)よりも圧倒的に大きいので
動かしにくさ、そして可動の残念さが目立ってしまうんだと思うんですよ…惜しいなぁ(-_-;)



という事で映画版タートルズのベーシックフィギュアより、ラファエロのレビューでした!
by bobusann | 2015-03-03 16:28 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

映画版ミケランジェロ(ミュータントタートルズ/ベーシックフィギュア)

f0205396_1504726.png

映画版タートルズのベーシックフィギュアの中から今回はミケランジェロをご紹介!
・映画版レオナルドはコチラ!
・映画版ラファエロはコチラ!
・映画版ドナテロはコチラ!

映画版のフィギュアにもいくつか種類がありますが
Amazonで『ベイシックフィギュア』とされているシリーズです。
パッケージ下の日本語表記には『フィギュアコレクション 映画版ミケランジェロ』と書かれています。
f0205396_17161830.jpg

セット内容は
 ・ミケランジェロ×1
 ・ヌンチャク×2
というシンプルな仕様。
ちなみに2つ付属するヌンチャクは、種類の異なる2種類が付属しています。

圧着式のブリスターなので一度開けると完全に元には戻せなくなります。

次に本体を見ていきましょう。
f0205396_17192526.jpg

f0205396_17194866.jpg

f0205396_1720153.jpg

f0205396_17201833.jpg

f0205396_17203069.jpg

f0205396_17204450.jpg

以前ご紹介したドナテロがイマイチな印象だったのに対し
ミケランジェロはなかなかの劇中再現度です。
全体のバランスや、顔の丸さがフィギュアでも再現しやすかったのでしょうか?

また、腰に巻いた上着によって1色増えているのも
本来塗装の少ないベーシックフィギュアの再限度が高く見える要因になっている気もします。

ところで、映画版ミケランジェロは首にサングラスをぶら下げているんですが
今回のフィギュアでは完全に無い物となっています。
ドナテロのメガネすら無かったあたり、もしやメガネを造形するの苦手なんでしょうか(・・;)?

さて、フィギュアのサイズも確認しておきましょう。
f0205396_17275385.jpg

ドナテロの時も同じ事を言いましたが『針に糸を通すような微妙なサイズ』です…。

やはりベーシックフィギュアはミクロマンサイズであってほしいというか、
国外のフィギュアって下手に大きいよりも小さい方が色々紛れるんですよねw

とは言うものの、このミケランジェロは割と出来が良いので
全員これくらいの完成度だったならこのサイズでも許せたんですよ!

…言っても仕方がないので武器を見ていきましょう。
f0205396_17305926.jpg

完全な『ヌンチャク』と
ヌンチャクというより『三節混』みたいなのが付属しています…正直意味は分かりませんw
個人的には普通のヌンチャクが2つ付いてくる方が嬉しかったんですがね(・・;)

それぞれ持たせるとこんな感じです。
f0205396_17332028.jpg

f0205396_17333660.jpg

やっぱり普通のヌンチャクが2つで良かった気がしますねw
作る側もサイズ的にコスト削減になるはずですし、やはり三節混な意味が分かりませんorz

以下、なんとかポーズをとらせたり遊んだりしてみました。
f0205396_17354848.jpg

例によって可動は決して優秀とは言えないんですが
ミケランジェロのキャラもあって、それなりにポーズっぽくなります。
ドナテロの時は高身長という事もあり棒立ちみたいにしかならなくて焦りましたからねw



という事でタートルズのベーシックフィギュアより、映画版ミケランジェロのレビューでしたm(_ _)m
やはり『特撮リボルテック 映画版タートルズ』の商品化に期待するしか…!
by bobusann | 2015-02-24 17:40 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(2)

映画版ドナテロ(ミュータントタートルズ/ベーシックフィギュア)

f0205396_14552631.png

映画版タートルズのベーシックフィギュアの中から今回はドナテロをご紹介!
・映画版レオナルドはコチラ!
・映画版ラファエロはコチラ!
・映画版ミケランジェロはコチラ!

映画版のフィギュアにもいくつか種類がありますが
Amazonで『ベイシックフィギュア』とされているシリーズです。
パッケージ下の日本版の表記(シール)には『フィギュアコレクション 映画版ドナテロ』と書かれています。
f0205396_1447455.jpg

セット内容は
 ・ドナテロ×1
 ・棒×1
というシンプルな仕様。
圧着式のブリスターなので一度開けると完全に元には戻せなくなります。

次に本体を見ていきましょう。
f0205396_1452148.jpg

f0205396_14534697.jpg

f0205396_1454544.jpg

f0205396_1454279.jpg

f0205396_14544293.jpg

f0205396_1455292.jpg

『Amazon等の写真で見たよりは出来が良い』といった印象で、
実際の映画版ドナテロと比べてみると思った以上に各部の再限度は高いです。

タートルズ玩具お決まりの『白目』と
塗装箇所が最小限に抑えられているっぽい事が出来を悪く見せているのかなぁと(・・;)
試しに(画像内で)目を付け加えてみると…。
f0205396_1523530.jpg

ほら、これだけでかなり違いますよ!

というか映画版ドナテロに限っては『カメでメガネ』の印象が強いため
フィギュアでメガネが再現されていないのがとにかく惜しい…!

さて、ここでこのフィギュアのサイズもご紹介しましょう。
f0205396_1554580.jpg

この針に糸を通すような『微妙なサイズ』感(・・;)
一般的なベーシックフィギュア(ミクロマンサイズ)よりは大きく
日本でメジャーな1/12サイズよりは小さいため、他の何とも組み合わせて遊べませんorz

可動もちょっと残念で、そもそも可動箇所が少ないのに加え
数少ない動く部分も大して曲がらないというのが事実です…。
百歩譲っても腰と手首に可動が無いのは痛いですね。

次に付属武器『棒』を見ていきましょう。
f0205396_15125439.jpg

作中ではかなりのパワーで伸縮可能だった棒、
玩具では流石に伸縮ギミックは再現されていません。

コンテナを振り回して戦えるタートルズが
3人がかりでようやく持ち上げたシャッターを棒の伸びる力で一気にこじ開けたり、
車の下から棒をひっかけて伸ばす事で車を吹っ飛ばしたりしていたんですがねw

もちろんドナテロに持たせる事が可能です。
f0205396_15165886.jpg

とにかくフィギュア本体が動かないため、両手持ちは不可能と思った方が良いです(・・;)
というか手首に可動が無いため棒を使ってカッコいいポーズをとらせるのは無理でしょう…。

以下、なんとかポーズをとらせたり遊んだりしてみました。
f0205396_15192587.jpg

「たまには僕に暴れさせてよ!」からの
「はは…あはは…フガっ、あははは」は最高でしたw

実はポーズ付けした画像のほとんどは、わざと首を外してます…じゃないと動かないので(実話)



という事でタートルズのベーシックフィギュアより、映画版ドナテロのレビューでしたm(_ _)m
まず『探し回っても普通に売ってない』という入手困難さ、
そして『作中のドナテロと同一人物には見えない』再限度、
加えて『可動が残念すぎる』という事で今回は珍しくお気に入りとはならず…!

映画が『こんなに面白くて大丈夫!?』レベルに面白かっただけに
出来の良い玩具が発売されていないのがとにかく惜しいです。

特撮リボルテックでの映画版タートルズ発売に期待するしかないでしょうか(・・;)
by bobusann | 2015-02-18 15:29 | 玩具(買い物/貰い物) | Comments(0)

映画『ミュータントタートルズ(2015)』見てきました!

f0205396_2071333.jpg

・2015/02/10 1回目の観賞→当記事投稿
・2015/02/12 2回目の観賞→追記あり
・2015/02/22 3回目の観賞→追記あり
f0205396_207293.png


f0205396_2075494.png

f0205396_208731.jpg

f0205396_2081970.png

という事で、ここからが映画の感想になります!
※この先には映画のネタバレ情報も含まれています、閲覧の際はお気を付けください。



さて、まず言えるのは『今まで観た映画の中で一番面白かった』という事です。
正直今まで映画を観た後に『今までで一番面白かった』と言った事はありません、今回が初です…!

見やすい、面白い、カッコいい…それら全てが高いレベルで揃っていて、しかもまとまっています!

実は今回、私とは趣味が正反対の弟も一緒に映画館に行きました。
弟は戦いや爆発、金属音や砂埃があがる映像はとにかく嫌いで
私が「ほら、かっこいいじゃん!」とTFを見せようとしても見向きもしないレベル…。
タートルズも最初は『まぁせいぜい見れるレベルだろう』程度に思っていたらしいです。
…が!
映画が終わった後は「正直なめてた」とwww
上記の性格の弟でも「今まで観た映画で一番凄かった」と満足していました!!

つまり今回のタートルズ、誰が見ても楽しめる恐ろしい映画なんです(;゚Д゚)
「これならDVDかブルーレイが出たら見たい」と言っていましたw



TFやゴジラと大きく違う点は
『タートルズは等身大のキャラクターなので画面に写る頻度は普通の人間並み』 という事です。
どうあがいてもCGの出し惜しみが出来ないわけですが、そんなハードルは軽く越えてきましたw
随時リアルな(完全に本物にしか見えない)タートルズを見ている事ができます。

そして戦闘シーン等のアクションも凄い!
正直、今回ばかりは凄すぎて何から伝えれば良いのか分かりません。

重みがあって俊敏な動きと言いましょうか
恐らく映画を観た人間にしか伝える事の出来ない凄さがあります。

下水道に帰っていくだけでカッコいいですからねw



それぞれのキャラクターの個性も原作以上に強くなっていました。

レオナルドは真面目なリーダーという部分がより強調され
ミケランジェロはお馬鹿キャラに弟属性が追加されたユニークなキャラクターに。
ラファエロはまさかのバッドボーイに(;゚Д゚)
最も性格が修正されていましたが、それが非常に良かったです。
ドナテロは機械オタク感が強くなり、大人しくなっていました。

スプリンター先生は元の設定から変わっていました。
(人間がネズミっぽくではなく、ネズミが人間っぽくなった)

しかしどの設定変更も全く文句がありません。
むしろ元々の設定より良くなったとさえ思う程ですw



さて、ここまで割とまとめながら感想を書かせていただきましたが
ここからは『思いついた事をどんどん書いていく』事にしようと思います!

まずシュレッダー!
鎧を着る前から超強かったですw
両手を縛られた状態で部下を倒し、その後縛っていたロープを引きちぎる…強い!
そんな人にハイテク鎧を着せたらまぁ大変、勝てるわけがない悪役が誕生!
実際その辺りの描き方も非常に上手くて
タートルズ4人分の武術が使えるスプリンター先生を倒し
その後のラファエロとの戦闘シーンでも圧倒的な強さを見せつけました。
最終的に『4人で力を合わせてなんとか撃破した』という感じで、まず1対1なら勝てなかったでしょう。
飛ばしたナイフが自動で帰ってくる鎧のギミックも驚きですが
シュレッダーは武器を変形させ(?)タートルズ4人分の武器を全て使いこなせる事を見せつけました。
また、あれだけ重そうな鎧を着ていながら
投げ飛ばしたラファエロに瞬時に回転キックをくらわせる動きを見せました!

スプリンター先生も負けていません!
ネズミ特有のすばしっこい動きをベースに、武術を完全に我がものにしていました。
(それが映像で伝わってくるというのがそもそも凄いですね)
長い尻尾を上手く使い敵を倒し、タートルズも倒し、エイプリルを救いましたw

あとヴァーン、彼は良いキャラでしたw
カッコつけたり事件に巻き込まれたり、最後はミケランジェロによって車を爆破されました。

話が戦闘に戻りますが、シチュエーションも見事でしたね。
下水道の一角がまるですり鉢状のリングのようなシュレッダーとの戦いもあれば
研究所の地下、青い光がまた違った雰囲気を醸し出す戦闘シーンもあります。
その後、雪山を下りながらの戦闘シーンもまた違う雰囲気での戦いになりますし
最後は明るいビルのてっぺんでの決戦、1つの映画でこんなにやって良いんですかw

f0205396_21385083.png

「普通そんなトコロ誰も見てないだろ」というボブのお気に入りポイントをご紹介する
それがボブチェックです!

今回のボブチェックにあたり、まず再確認したいのは『今作のタートルズの怪力っぷり』です。
大型のコンテナを持って振り回すようなアクションも序盤見せていますし
倒れそうな鉄塔をたった4人の力だけで支えるような場面もありました。
そんなタートルズの攻撃を受けたフット団員は、もちろん全員が一撃でやられています…と思いきや!

ミュータジェンを乗せたヘリがサックスの屋敷から飛び立ってしまい
それを追いかけようと屋敷の外に出たタートルズ達をフット団員が待ち構えていたシーン。
ここにとんでもないフット団員が居ましたw

その団員はラファエロに銃を向けるも接近され、銃を掴まれそのまま蹴りをくらいます。
しかしこの団員…吹っ飛ばずに、ちょっと痛そうなリアクションをとるのみ(;゚Д゚)
あろう事かこの後ラファエロにパンチで反撃までしてましたwww
f0205396_21392965.png





記憶を掘り起こしながら感想を書いているのでまだ色々あるんですが
これ以上続けるとこの記事が終わらなくなりそうなので今回はここで終わりにします。

なんというか本当に『遂に本気で映画を作ってきた』という感じです!
何度も言います、『どんな人が見ても満足できる』はずです!

私は次の休みにもう1回見に行こうかなぁとさえ考え始めていますw
f0205396_20575100.png




※2015/02/12追記
f0205396_2385784.png

という事で映画タートルズ、2回目を見てきましたwww
1回目の時に書き忘れたと思った事や、新発見を追記とさせていただきますm(_ _)m

まずタートルズとエイプリルの関係が大きく設定変更されている点!
実は今作のエイプリルは『タートルズと知り合った記者』というだけではなく
『幼い頃、父の職場でタートルズやスプリンター(当時は普通の動物)と接触していた』んです。
タートルズのメンバーが「レオナルド」や「ラファエロ」と呼び合っていた事から
「昔父の職場に居た実験動物のカメと同じ名前だ」と気がついていくわけです。

それから、これは相方のレンジマンに言われて
2回目の観賞で「あ、確かに!」と思った事ですが
タートルズを徐々にハッキリ見せていくのが見事です。
最初は漫画風に見せて、次に暗い場面、そしてエイプリルとの出会いの場面…という感じですね。
更にその後になっていくと明るい場面も増えていくのでタートルズの姿がハッキリ見えます。

『最初はあまり姿を見せない』という事にもなりますが、全くだるくないから凄い!
タートルズを見に行ったら『すぐに見たいような場面に到達する』と思って良いでしょう。
その後も飽きの来ないペースで見所があるので素晴らしいです。

そしてコレはボブと共に2回映画を観た弟が気がついたのですが
映画の最後、タートルズがドナテロが改造した車でやってくるシーン。
エイプリルとヴァーンに対しクラクションを鳴らしながら現れるんですが
どうもそのクラクションがアニメ版のOP(♪ゼロゼロ八ショーン)になっているらしいんです(;゚Д゚)
私も独特のリズムのクラクションが鳴っているなぁとは思っていたんですが
それがアニメ版のOPというのには気がつかなかったですw

先輩のチャペルさんと予定が合えば一緒にタートルズを見に行く事にもなっているので
3回目の観賞ではクラクションに再注目してみようと思いますm(_ _)m



※2015/02/22追記
f0205396_0584216.png

3回目の観賞を終えてきました!
既に数回に渡り感想を書いてきたので、今回は簡単に『例のシーン』について書かせていただきます。

そのシーンというのは映画の最後、
タートルズがドナテロが作った車に乗ってエイプリルとバーンの前に現れるシーンです。
この時タートルズが鳴らしたクラクションの音がアニメ版のOPという弟の発言を検証してきました!

結論から言うと、本当にアニメ版のOPの『♪ゼロゼロ八ショーン』のリズムでした(;゚Д゚)
ただし、そのリズムの直後に更に『パパー』とクラクションが鳴るため
何も知らずに見るとOPのリズムという事に気がつきにくくなっている気がします。



最後に、映画を見たら誰しも『お気に入りのタートルズが居るはず』という事で
コレまでボブが一緒にこの映画を見た人達の好きなタートルズをまとめてみましょう!

まず母は『ミケランジェロ』という事で、性格や丸い顔が可愛いというのが決め手となったようです。
鑑賞後の映画館で聞こえてきた女性同士の会話でも「マイキー可愛いよね」と言われていたほどで
今作の女性人気はミケランジェロが独占していると考えて良いでしょう。

次にチャペル先輩、彼のお気に入りは『ラファエロ』との事でした。
実は観賞前にからチャペルさんが好きなのはラファエロだと思うと予言していたんですが
その予言が的中する形となりました。
元々ダークヒーロー好きな方なので、バッドボーイな感じが良かったのかなと。
あと「俺は喋るカメ、アンタはキモイおっさん!」の時に少し笑い声が聞こえてきましたw

そして私、ボブ本人は『ドナテロ』かなぁと。
メカを背負わせて機械的なゴーグルを付けて、更にメガネをかけさせるという
この映画独自のデザインが盛り込まれていましたがソレが良かったなぁと…!
そして最高なのは雪山で車を飛ばしての「はは…あははー!」ですね、素晴らしかったですw



という事で今回の追記もコレにて終了したいと思いますm(_ _)m
by bobusann | 2015-02-10 20:57 | 映画/アニメ 感想 | Comments(0)


食玩カードの収集を主体に、中古美少女フィギュア漁りやヒーロー映画鑑賞をしたり。最近は毎週月、木、土曜日に更新中!


by ボブギラス

プロフィールを見る

最新の記事

週末日記
at 2017-08-19 21:07
【開封レビュー】Guarde..
at 2017-08-17 05:57
【開封レビュー】Guarde..
at 2017-08-14 05:48
週末日記
at 2017-08-12 06:04
【漫画で商品レビュー】ガシャ..
at 2017-08-10 19:12

記事ランキング

最新のコメント

霜月さん、コメントありが..
by bobusann at 19:20
ついに発売しましたね、待..
by 霜月 at 09:37
霜月さん、コメントありが..
by bobusann at 18:08
コンプリートおめでとうご..
by 霜月 at 07:36
通りすがりさん、コメント..
by bobusann at 19:11

カテゴリ

玩具(買い物/貰い物)
ボブラジ(その他ラジオ系)
映画/アニメ 感想
相互リンク先巡回
雑記シリーズ
その他の更新
ボブ工房
オリジナル企画系

タグ

(249)
(205)
(186)
(183)
(142)
(131)
(87)
(76)
(64)
(53)
(49)
(48)
(37)
(32)
(32)
(28)
(25)
(23)
(18)
(16)

ブログジャンル

コレクション
テレビ・ラジオ

検索